所属事務所の猛プッシュで次々と映像作品に出演している女優の吉岡里帆だが、ヒロイン役を演じた4月期のフジテレビ系ドラマ「レンアイ漫画家」が大コケしてしまった。

 同ドラマは人気コミックが原作。俳優の鈴木亮平ラブコメディ作品に初挑戦し主演を務めたが、放送枠の木曜午後10時台はもともと数字を取れない枠だったこともあって惨敗。キャストにとってはまったくプラスにならない作品となってしまった。

 それでも、鈴木は現在、TBS系で放送されている主演ドラマTOKYO MER~走る緊急救命室~」が初回から高視聴率を記録。早くも汚名挽回の機会が与えられたが、吉岡はいつの間にか〝低視聴率女優〟のレッテルを貼られたままになってしまった。

 ​>>吉岡里帆、星野源の電撃婚発表でCM降板危機?「チキンラーメンに負けた」ネットで話題に<<​​​

 「徐々にブレイクしていた吉岡だが、チャンスが訪れたのが2018年。いずれも連続ドラマの『きみが心に棲みついた』(TBS系)、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の2本に主演を果たした。かなり事務所が営業を頑張ったようだが、結局2本ともまったく数字が取れなかった」(テレビ局関係者)

 もともと、吉岡はグラビアアイドルとして活動し、かなりきわどい水着姿を披露していた下積み時代もあったが、ブレイク後、グラドルを見下すような発言をして批判を浴びたこともあった。

 さらに、バラエティなどで見せるあざといキャラもあってか、女性からはすっかり嫌われてしまっている。

 「視力を失った元警察官を演じた19年公開の主演映画『見えない目撃者』の演技はかなりの高評価を得た。今後は、今までにやったことのないようなクセの強い役など、大胆にイメージチェンジしないと、主役級として生き残るのはなかなか難しいのでは。事務所もそのあたりのことを考えているはずで、さっそく動いた方が良さそうだ」(芸能記者)

 吉岡がどうはい上がるのか注目される。

吉岡里帆