昨年から中古ビデオゲームの超高額での落札が続いており、市場は盛り上がりを見せている。先月には、『ゼルダの伝説』が87万ドル(約9,600万円)で、『スーパーマリオ64』が156万ドル(約1億7,000万円)で落札され大きな話題となった。本記事では、高額取り引きが相次ぐ理由を考察するとともに、専門家による次のプレミア商品予想をご紹介する。

【写真】1億7,000万円で落札された『スーパーマリオ64』

 米市場調査企業、ニールセンが昨年行った調査によると、米国在住者の55%が、自粛期間中にビデオゲームプレイしていたという。また別のデータでは、コロナの感染拡大からの1年間で、中古ビデオゲームの価格が33%も上昇したことがわかった。

 米メディア『The Verge』によると、『マリオ』、『ゼルダ』の両ゲームの査定を手がけた、ワタゲームズCEO、デニス・カーン氏は、「結局のところ、需要を満たすのに十分な状態の良い中古ビデオゲームの供給が少ないからだ」と分析しているという。同氏は「ここ数年、漫画やコインカードなど、他の分野の収集を始めた人はたくさんいて、コレクション市場は成熟している」とし、「ゲームのコレクターたちは、スポーツカードや漫画などと比較して、未開封のビデオゲームが非常に少ないことを理解している」と述べた。

 そしてもう1つ、同氏が価格高騰の要因としてあげたのが、インターネットオークションの普及だ。「4、5年前は、10人ほどの人しかそのゲームが販売されていることすら知らなかった。売買はとてもクローズな状態で行われていた」としている。たしかに現在では、世界中の人が商品にアクセスし、価格の変動を確認することができる。

 最近の高額ゲームはすべてヘリテージ・オークションズから誕生しているが、同社の商品は、出品前にワタゲームズによる厳正な査定が行われる。この工程も、購入希望者に品質保証の安心感をもたらし、購買意欲を高めているのかもしれない。

 一方ヘリテージ・オークションズのビデオゲーム担当ディレクター、バレリー・マクレッキー氏があげたのは、“懐かしさ”だ。上述の『スーパーマリオ64』の落札者は明かされておらず、なぜこれほどの金額で購入したかは定かではないが、「超レアなゲームを購入している人々は、“懐かしさ”に動かされている。彼らは子どもの頃にプレイしたゲームの、新品同様の品を探している」と述べた。

 ワタゲームズの取締役ライアン・サブガ氏もまた、米メディアInsider』の取材に「大人になって収入が増えてきたことで、ビデオゲームに多くの情熱を注ぐことができるようになった。彼らは手付かずの、文化的に重要なお気に入りのゲームを所持することによろこびを感じている」と語った。そして「スーパーファミコンニンテンドウ64プレイして育ったミレニアル世代は、コレクション市場の新たなターゲットだ。より多くのミレニアル世代が年を取り、可処分所得も増えている。『マリオ』の156万ドル(約1億7,000万円)が史上最高価格で終わる可能性は低い」との見解を示した。

 米ビデオゲーム開発企業のDigital Eclipseの編集ディレクタークリスコーラー氏は、「遅かれ早かれ、もっと高額なゲームが出てくるだろう」と述べ、「次に100万ドル(約1億1000万円)を超えてくるのは、『ゼルダの伝説』の初版に近いものではないか」と予想した。一方Nerdy Girl Comicsを運営するダニエルスミス氏は、「『マリオ』と『ゼルダ』はビデオゲーム界の王様と女王様」としたうえで、「『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の未開封品も入手が非常に難しく、潜在的価値を秘めている」と述べた。

 もともと未開封品など、状態の良い中古ビデオゲームが少ないことに加えて、ネットオークションの普及、発売当初にゲームを楽しんでいた世代の収入の増加、そしてコロナ禍でのビデオゲーム人気の高まりといった要因が重なったことが、昨今の高額落札につながっているようだ。専門家たちの見解を聞く限り、このトレンドはしばらく続くと見られる。『マリオ』を超えるプレミアゲームの誕生も時間の問題だろう。(堀口佐知)

(画像=Pixabayより)