【日経平均株価】テクニカル分析 2021年8月9日

「LIMO[リーモ]の今日の記事へ」

国内企業の決算内容好調で、日本株も底堅く

2021年8月6日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より91円92銭高の2万7820円04銭でした。前週はやや軟調でしたが、先週はむしろ下げ渋るような動きになりました。

国内外で新型コロナウイルス感染が急拡大し、国内では5日、東京都内での新規感染者数が1日で5000人を超えました。全国でも7日まで過去最多更新が続き、投資家の間に経済活動再開が遅れるとの懸念があります。

一方で、企業では4~6月期決算の発表が本格化していますが、業績好調の企業も多く、通期業績を上方修正するところも見られます。こうしたことから好決算銘柄が買われ、相場も下値が固くなっています。

今週の動きはどうなるでしょうか。6日には7月の米雇用統計が発表され、非農業部門雇用者数が前月比94万3000人増と、市場予想(84万5000人増)を上回りました。

すると投資家の間に景気回復への期待感が広がり、6日の米株式市場でダウ工業株30種平均は、前日比144ドル26セント高の3万5208ドル51セントと最高値更新となりました。日本株も連れ高になることが期待されます。

ただし、東京五輪の開催にあわせて8月8日(日)に祝日の「山の日」が移動し、9日(月)はその振替休日となっています。東京株式市場も休場ですので注意してください。

新型コロナの感染拡大については引き続き警戒が必要です。日本政府は8日、新型コロナ対策である「まん延防止等重点措置」の適用地域に、福島、茨城、栃木、群馬、静岡、愛知、滋賀、熊本の8県を追加しました。期限は31日までです。

これで緊急事態宣言が東京、大阪など6都府県、まん延防止等重点措置が合計13道府県に適用されることになり、外食チェーン店などでは経営へのさらなる影響が懸念されます。

一方、業種業態によっては業績が好調な企業も多いため。個別の好業績銘柄を中心に物色されそうです。

もみ合いが続くが、下値はしっかり

先週の日経平均の値動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。前週末30日は大きな陰線となって終わっていたため、先週どのような動きになるのか心配されました。

実際には、窓をあけて上昇して寄り付くとそのまま陽線となり、30日の下落分を回復しただけでなく、さらに上昇しました。その後も陽線が続き、5日移動平均線も回復しました。

今週以降の展開はどうなるでしょうか。足元の動きを見ると、2万7500円付近まで下落すると買いが入るような動きで、下値が固い印象を受けます。

とはいうものの、上値も若干重く、特に200日線(2万7930円付近)を挽回できていません。今週はこの200日線や、心理的節目となる2万8000円を回復できるかどうかがポイントになりそうです。

25日線も2万8000円付近に近づいています。直近の戻り高値もこのあたりにあります。その点では、2万8000円を上抜けるには少しパワーが必要で、上値を押さえられる可能性もあります。

その場合は、2万7500円と2万8000円の間で小幅なもみ合いになるかもしれません。その分、2万8000円を超えると、下値が固まるのではないかと期待されます。

そうなれば、75日線(2万8500円付近)や、心理的節目となる2万9000円、6月15日の高値(2万9480円)あたりが次の目標として視野に入ってきます。

判断が難しいようであれば、25日線を回復し下値がサポートされているのを確認してから出動しても遅くはないでしょう。