SDKI Inc.は、クラウドフィールドサービス管理(FSM)市場の新レポートを2021年08月09日に発刊しました。この調査には、クラウドFSM市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108764

クラウドFSM市場は、2022年に2,254.5百万米ドルの市場価値から、2030年までに6,888.6百万米ドルに達すると推定され、予測期間中に17.3%のCAGRで成長すると予想されています。

クラウドFSM市場の成長は、ビジネスの俊敏性の必要性、より迅速な展開とスケーラビリティの要求、世界中の企業間のクラウドテクノロジーに対する意識の高まり、所有コストの削減の必要性など、さまざまな要因によって推進されています。フィールドサービス管理ソリューションは、製造組織がビジネスオペレーションを堅牢、効率的、かつエラーのないものにすることを奨励しています。これにより、組織は製品とサービスの品質を向上させ、製品の製造とサービスの提供に関連する時間、労力、およびコストを削減できます。これは、市場の成長を促進すると予想されます。しかし、企業は、クラウドFSMソリューションに関する認識の欠如、および規制コンプライアンスに関する懸念のために、いくつかの障害に直面しています。これは、市場の成長を抑制する可能性があります。

市場セグメント

クラウドFSM市場は、ソリューション別(モバイルFSM、スケジューリングとディスパッチ)、サービス別(統合と移行、トレーニング、教育、コンサルティング、およびサポートメンテナンス)、組織の規模別(大企業中小企業SME))、展開モデル別(パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド)、業種別、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ソリューションに基づいて、モバイルFSMセグメントは、予測期間中に最高の成長率を保持すると予想されます。

モバイルFSMソリューションにより、現場の従業員はルートを効率的に計画できます。さらに、モバイルFSMソリューションを使用してフィールド操作を簡単に自動化できるため、サービスの提供と投資収益率(RoI)が向上します。管理者は、リアルタイムの位置更新を提供するモバイルFSMソリューションを使用して、現場の従業員を簡単に見つけることができます。これにより、このセグメントの成長が牽引すると予想されます。

サービスに基づいて、統合と移行セグメントは、予測期間中に最も高い成長率を示すと予想されます。

統合と移行サービスは、組織がクラウドFSMソリューションを最も適切な方法で展開するのに役立ちます。統合と移行サービスには、望ましいビジネス成果、市場投入までの時間の短縮、サービス提供の強化、コストの削減など、さまざまなメリットもあります。適切なクラウドFSMソリューションを適切な方法で実装することで、お客様は日常のタスクをより効率的と迅速に実行できます。

地域概要

北米地域は、予測期間中に最大の市場規模を保持すると予想されます。この地域の組織は、デジタルビジネス戦略の採用が増えているため、クラウドベースのソリューションとサービスシフトしています。これは、この地域の市場の成長を推進することが期待されます。さらに、北米の組織は、競争力のある市場での優位性の獲得、事業運営を改善するために、高度なテクノロジーに多額の投資を行っています。一方、アジア太平洋地域は、予測期間中に世界のクラウドFSM市場で最も急成長している地域であると予想されます。この地域の前向きな経済見通し、情報技術(IT)インフラストラクチャへの支出の増加、顧客体験を促進し運用上の問題を改善するためのクラウドFSMソリューションの焦点は、APACの市場の高い成長率を推進する主な要因です。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシアマレーシアオーストラリアニュージーランド、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカブラジルメキシコアルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカイスラエルGCC [サウジアラビアアラブ首長国連邦バーレーンクウェートカタールオマーン]、北アフリカ南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツフランスイタリアスペインハンガリーベルギーオランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランドトルコロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

市場の主要なキープレーヤー

クラウドFSM市場の主要なキープレーヤーには、Industrial and Financial Systems (IFS) AB (スウェーデンヨーロッパ)、ServiceNow, Inc. (カリフォルニア、米国)、Salesforce.com, Inc. (カリフォルニア、米国)、SAP SE (ドイツヨーロッパ)、Oracle Corporation (カリフォルニア、米国)、International Business Machines (IBM) Corporation (ニューヨーク、米国)、ServicePower Technologies plc (チェシャー、英国)、ClickSoftware Technologies Ltd. (米国マサチューセッツ州)、ServiceMax, Inc. (カリフォルニア、米国)、Acumatica, Inc. (ワシントン、米国)、Microsoft Corporation (ワシントン、米国)、Astea International Inc. (ペンシルベニア、米国)などがあります。この調査には、クラウドFSM市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/cloud-field-service-management-market/108764

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオ明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

配信元企業:SDKI Inc.

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ