Netflix映画『浅草キッド』の全世界独占配信の日程が12月9日(木)に決定した。あわせて、超ティザー映像と超ティザーポスターが公開されている。

芸人としてだけではなく、映画監督・北野武としても“世界のキタノ”と呼ばれ、まさに日本を代表する“唯一無二の天才”であるビートたけし。そんな彼の原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした日々を描いたNetflix映画が『浅草キッド』だ。

ビートたけしを敬愛してやまない劇団ひとり監督が脚本も務め、初監督作品『青天の霹靂』(2014年)に続き昭和の浅草を舞台に、2度目のタッグとなる大泉洋、そして柳楽優弥を主演に迎えて贈る、笑いと涙に溢れる青春映画である。

舞台昭和40年代の浅草。大学を中退し“ストリップお笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、東八郎や萩本欽一ら数々の芸人を育ててきた・深見千三郎に弟子入りしたタケシ。舞台の上だけでなく日常生活においても芸人たる心構えを求める元、タケシは芸人としての成功を夢見て“笑い”の修行に励んでいたが、テレビの普及と共に演芸場に足を運ぶ人は減る一方。

お茶の間を席巻した大人気芸人を数々育てながら、自身はテレビに出演することがほぼ無かったことから「幻の浅草芸人」と呼ばれた師匠・深見との日々、個性と才能に溢れる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描く。

ティザー映像は、大泉洋演じるたけしの師匠、深見千三郎と柳楽優弥演じるタケシの写真や記事が詰まった、1冊のスクラップブックから始まる。「生まれながらの芸人だったんだ、あの人は。みんなあの人のおかげでさ。すごかったんだよ、師匠は」と深見への尊敬の言葉と共にページをめくるタケシ

そして居酒屋での深見の写真が動き出す。気を利かせて深見の靴を土間に用意したタケシに対して「バカヤロー!あれ見ろ。あっち出すんだよ!」と女性のヒールを指差す深見。「そしたら、それを俺が履いて。『あれ、ちょっと背が高くなったかな、ってバカヤロー!』って俺がツッコんで、そうやって勉強してくんだよ!普段ボケねえ野郎が、舞台でボケれるわけねえだろうが!芸人だったら、いつでもボケろ」と日常においても芸人であり続けることをを求めた深見の、厳しくも愛情深い人柄のわかる映像だ。



さらに同時に解禁となったティザーアートは、浅草フランス座の裏口で、深見とタケシが、まるで互いの夢を語り合っているかのようなエモーショナルなものとなっている。

Netflix映画『浅草キッド
12月9日(木)全世界独占配信

Netflix映画『浅草キッド』