ベルギー代表FWロメル・ルカク(28)のチェルシー移籍は間近に迫っているようだ。イギリススカイスポーツ』が伝えた。

今夏にストライカーの獲得を目指しているチェルシー。これまでにドルトムントのFWアーリング・ハーランドバイエルンのFWロベルト・レヴァンドフスキの交渉が失敗に終わった中、今月に入ってルカク復帰の噂が熱を帯びてきている。

ルカク獲得に向けて、チェルシーは移籍金を上げつつ、選手譲渡を含んだオファーを何度か試みてきた。最終的には9750万ポンド(約149億円)の移籍金でクラブ間合意に至ったと方々で報じられ、あとは正式発表を待つばかりとなっている状況だ。

そんな中、ルカクはついにチェルシーメディカルチェックを受けたとのこと。ミラノでメディカルチェックの一部を受けたとされている。

現段階では細部の詰めと事務的な手続きが残っているのみの状況。チェルシーは10日の23時までに契約することを目指しており、11日に行われるビジャレアルとのUEFAスーパーカップで早速起用したい考えがあるようだ。

そのルカクは、週給20万ポンド(約3000万円)の5年契約になる見込み。総合的に移籍にかかる費用は3億850万ポンド(約4713000万円)となり、歴代最高のネイマールの2億7170万ポンド(約415億円)を大幅に超えることになるようだ。

ルカク2011年8月から2014年7月までチェルシーに在籍。その間、WBAやエバートンへとレンタル移籍を経験し、チェルシーでは公式戦15試合に出場しノーゴールと全く活躍していない。その選手に大金をはたいて連れ戻すことに懐疑的な意見は多いが、結果で払拭してもらうしかないだろう。



8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像