SDKI Inc.が「ネットワークセキュリティファイアウォール市場ーグローバル予測2030年」の新調査レポートを2021年08月09日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-108770

ネットワークセキュリティファイアウォール市場は、2022年に48.0億米ドルの市場価値から、2030年までに109.5億米ドルに達すると推定され、予測期間中に12.5%のCAGRで成長すると予想されています。

相互接続されたデバイスの勢いが増しているため、セキュリティ侵害のリスクが高まっています。これは、詐欺師が、組織のネットワークを介して個人情報を悪用するために灰色のルートを使用するSMSスパムSMS詐欺などの代替手段を見つけたためです。SS7の脆弱性リアルタイムストリーミング分析とフィルタリングは、ネットワークセキュリティファイアウォールの主要コンポーネントであり、ファイアウォール開発者は、ネットワークのトラフィック動作を監視するために不正検出技術を使用しています。ネットワークセキュリティとプライバシーの懸念の高まり、SS7の脆弱性の増大、および管理規制は、ネットワークセキュリティファイアウォール市場の成長を推進するいくつかの要因です。電気通信組織は、ネットワークセキュリティファイアウォールツールを使用して、ネットワークで送受信されるパケットからトラフィックパターンを動的に抽出します。また、検出されたすべての異常を報告するため、ネットワークの動作を悪意のあるコンテンツと照合して継続的にチェックします。これにより、市場の成長が牽引すると予想されます。

しかし、通信組織間の予防ファイアウォールメンテナンスの欠如は、この市場の成長を抑制する可能性があります。

市場セグメント


ネットワークセキュリティファイアウォール市場は、ソリューション別(SMSファイアウォール(A2PおよびP2Aメッセージング)、シグナリングファイアウォール(SS7およびDiameter))、サービス別(プロフェッショナルおよびマネージド)、展開タイプ別(オンプレミス、クラウド、およびNFV)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

ソリューションに基づいて、シグナリングファイアウォールセグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。

シグナリングファイアウォールセグメントは、SS7と直径ファイアウォールにさらに細分化されます。SS7ファイアウォールは、通信サービスプロバイダーが、ユーザーの位置追跡、詐欺、サービス拒否(DoS)、さらには通話傍受などのSS7の脆弱性を検出して保護するのに役立ちます。直径ファイアウォールは、モバイルネットワーク事業者が悪意のある攻撃や不正なメッセージに対してロングタームエボリューション(LTEネットワークを防ぐのに役立ちます。このファイアウォールは、LTEネットワークを介して他のLTEまたはグローバルシステムフォーモバイルコミュニケーション(GSM)ネットワークから受信したインターネットプロトコル(IP)パケットを監視およびフィルタリングします。また、これは、許可されていないネットワークから受信した異常なデータパケットからオペレーターを保護します。シグナリングファイアウォールセグメントの成長は、通信業界における直径攻撃の数の大幅な増加に起因しています。

地域概要

さらに、レポートは北アメリカヨーロッパアジア太平洋ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。北米は、予測期間中にネットワークセキュリティファイアウォール市場で最大の市場シェアを保持すると予想されます。この成長を推進する主な要因は、米国の電気通信規制機関である連邦通信委員会(FCC)の新しい非厳格な規制です。この規制機関による規制は、旧政権に比べて厳しくないです。FCCは、以前の体制のいくつかの厳格な規制をロールバックすることにより、ほとんどの通信事業者が新しいサービスとソリューションを選択して実装するのに役立ちました。NASDAQによると、北米で4G LTEワイヤレスの普及率は83%です。これは主に、大規模な投資を必要とする5Gワイヤレスネットワーク標準に アップグレードするというキャリアの意図のほとんどに起因する可能性があります。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます: 市場の主要なキープレーヤー

ネットワークセキュリティファイアウォール市場の主要なキープレーヤーには、Symsoft、Cellusys、Adaptive MobileEvolved Intelligence、Mobileum、Tata Communications、AMD Telecom S.A.、Openmind Networks、ANAM Technologies、SAP、Omobio、HPEなどがあります。この調査には、ネットワークセキュリティファイアウォール市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/network-security-firewall-market/108770

SDKIInc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオ明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

配信元企業:SDKI Inc.

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ