新しい観光・地域づくりを再定義するトラベルテックカンパニー・エスビージャパン株式会社(代表取締役:中元英機、 以下当社)は、サステナブルな地域振興を目指した全国の自治体アクセラレータプログラム「47GROWTH(ヨンナナ・グロース)」を設立し、全国を舞台にGovernment Accelerator Programs (通称:GAPs)を開催していきます。
そこで、当社では「47GROWTH」の第1弾として佐賀県初となる自治体アクセラレータプログラム(GAPs)を開催します。自治体の課題解決に対応する商品・サービスを持った全国の「ベンチャー・スタートアップ企業」の登録と、「佐賀県内の受け入れ自治体」の募集を進めて参ります。
佐賀の自治体で様々な展開や実証を行いたいと考えるベンチャー・スタートアップ企業の方、スタートアップ支援による地域づくりに取り組みたい自治体の方、さらに地方創生に興味のあるベンチャーキャピタルの方は、ぜひお気軽にお問合せください。
お問合せ: https://sb-ja.jp/contact

近年、大手企業などを中心に、ベンチャー・スタートアップなど新興企業への出資や支援をおこない、新たな事業共創や新興企業の成長加速を目指すアクセラレータプログラムが広がっています。
「47GROWTH」では、大手企業を自治体に置き換えて、GAPsを開設し、運営していきます。新興企業が成長することで、若者が地域で働き、生活する場所としても選ばれ、地域の活力向上につながっていきます。「47GROWTH」は、サステナブルな地域振興を目指した新しい地域活性サービスといえます。
少子高齢化にともない、地域人口の減少、第一次産業の後継者不足、集落機能の低下、買い物や地域交通の問題、地域住民の教育・福祉・健康問題など、地方自治体が抱える課題は山積です。その中で、このような地域課題の解決に目を向ける若者や学生、ベンチャー・スタートアップ企業などは増加傾向にあり、彼らの新しい商品・サービスの展開の場として、自治体とのマッチングは一つの活路として注目されています。
〇 IOTを活用した農産物の生産や出荷における効率化
〇 ヘルステック(ヘルスギア)を活用した地域住民の健康促進
〇 生産物の運搬と地域交通システムの連携によるビジネスの効率化
〇 学生や若者との新たな観光・交流機会の創出による地域住民の機運の醸成
〇 小型水力発電や再生可能エネルギーによるビジネス開発
〇 クラウドファンディングによる名物となる特産品の開発、販売 など

注目のDX、IoT、人材・企業マッチング、ファイナンスなど、地域課題に合ったテーマでGAPsを開催し、新しい連携と展開による地域振興を目指します。 「47GROWTH」では、全国各地でGAPsを構築していきます。参加を希望されるベンチャー・スタートアップ企業に向けては、自治体ごとに参加登録する手間をなくし、また新たな情報を入手できる公式募集サイトを近日リリースいたします。当社公式サイトにて、発表!
公式サイト:https://sb-ja.jp/
  • ただいま、関係各位の相談を募集中
〇 自治体と連携したいベンチャー・スタートアップ企業
〇 スタートアップ支援による地域づくりに取り組みたい自治体
〇 自治体アクセラレーターに興味のあるベンチャーキャピタル

47GROWTHや佐賀県でのアクセラレータプログラムの実施にご興味のある方は、どうぞお気軽にお問合せください。
お問合せ: https://sb-ja.jp/contact

配信元企業:エスビージャパン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ