エクスペリエンス最適化ラットフォームであるDynamic Yield (本社:NY、最高経営責任者:Liad Agmon、読み方:ダイナミックイールド、以下Dynamic Yield、 https://www.dynamicyield.com/ )は、React、Vue.js、AngularBackboneなど、あらゆるシングルページアプリケーションフレームワークにDynamic Yieldをシームレスに実装できるようになったことを発表しました。この柔軟なSPAソリューションはカスタム開発を必要とせず、マーケティング担当者はパフォーマンスを優先しながら、Dynamic Yieldの一連のパーソナライゼーション機能を使ってウェブサイトをカスタマイズすることができます。

近年、より多くの技術チームが、サイトのロード時間を短縮する手段としてシングルページアプリケーションに移行し始めています。この傾向は、オンラインでの迅速で途切れないエクスペリエンスを期待する消費者の注目を集めるためにブランドが競争する中で、さらに期待されています。多くのA/Bテストソフトウェアやパーソナライゼーションプラットフォームとは互換性がありませんが、Dynamic Yieldが提供する新しいレベルサポートにより、インフラ、ページ、ユースケースに関わらず、ブランドリアルタイムの変更に基づいてエクスペリエンスを行うことができます。

Dynamic Yield社のCEOであるLiad Agmon氏は次のように述べています。「静的な複数ページのサイトを構築する時代は終わり、コンテンツを動的に処理・配信するシングルページのアプリケーションに移行する技術チームが増えています。Dynamic Yield for SPAを使えば、開発者はどのような環境でも実装と実験に必要なすべてのツールを手に入れることができます。

シングルページのアプリケーションでのDynamic Yieldの実装は以下の通りです

「UI変更の自動追跡」

SPAサイト上のユーザーインタラクションを発生時に把握することで、例えば、製品の「クイックビュー」オーバーレイがリストページにポップアップしたときなど、適切なタイミングで変更を適用(または再適用)することができます。

リアルタイムでのページタイプ検知」

ユーザーがホームページからリストページ、商品ページ、カートページなどをクリックしたことを識別し、SPAの遷移や画面変更が発生するたびにページビューイベントを自動的に発生させ、オーディエンスグループを正確に調整することができます。

「シームレスな要素の最適化

ページ、画面、要素の構造、コンテンツスタイリングに加えられるダイナミックな変更は、Shadow DOMを介して行われ、ヒーローバナー、おすすめ商品、ページレイアウトなどを安全にパーソナライズすることができます。

Castlery社( https://www.castlery.com/us )のキャンペーン&マーチャンダイジング・マネージャーであるWong Louiza氏は、「パーソナライゼーションとパフォーマンスの両方が、我々のビジネスと我々が提供するエンド・カスタマー・エクスペリエンスにとって非常に重要です。Dynamic Yieldがシングルページアプリケーションを完全にサポートしてくれるので、もはやどちらかを犠牲にする必要はありません」と述べています。

■ Dynamic Yield(ダイナミックイールド)について

Dynamic Yieldは、企業がパーソナライズされ、最適化され、同期化されたデジタル・カスタマー・インタラクションを迅速に提供し、テストすることを支援します。350社以上のグローバルブランドマーケティング、製品、開発、eコマースの各チームが、既存のCMSやコマースソリューションの上にDynamic YieldのExperience Optimizationプラットフォームをテクノロジーレイヤーとして使用し、コンテンツ、製品、オファーを個々人にアルゴリズムマッチさせ、長期的なビジネス価値を加速させることで、イテレーションを高速化しています。