益城町とネッツトヨタ熊本株式会社7月29日、包括連携協定を締結しました。
この協定の締結により、災害時の避難所や平常時の各種イベントにおいて、同社の電気自動車を活用した外部給電による電源確保が可能になります。
平常時のイベントなどでの協力を含めた外部給電に関する協定は、本町初。
協定締結式終了後、プリウスPHVを使用した外部給電デモンストレーションも行われました。

ネッツトヨタ熊本株式会社 井上 雄一朗(いのうえ ゆういちろう)社長


益城町の目指す復興将来像は、自分の思いと共通するものがあります。益城町に一番近い店舗を持つカーディーラーとして、災害時の支援のみならず、平常時のイベントなどの協力を通じて町のスポーツ環境振興の一助になればと思っております。

益城町 西村 博則(にしむら ひろのり)町長


災害時の電源確保について、電気自動車を活用した外部給電によりご支援いただけることを、大変心強く思っております。この協定締結を機に同社と協力し、災害に強いまちづくりの推進、町民の利便性向上により一層取り組んで参ります。

配信元企業:益城町

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ