マンチェスター・Cに移籍したイングランド代表FWジャックグリーリッシュが、アストン・ヴィラチームメイトとの別れ際を回顧した。9日、イギリスメディアBBC』が伝えている。

 グリーリッシュはマンチェスター・C移籍後初めてメディアに対してコメント。先日行われたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ記者会見を重ねながら、自身が6歳から過ごしたクラブを退団する際の想いを述べた。

「誰もがメッシの最後の記者会見の様子を見たよね。あれはまさに僕が感じていたことだよ」

ホテルに帰る前に、チームスタッフ、選手たちと話しをしたけど、自分で少し涙が出てしまった」

 別れ際には涙がこぼれたと語るグリーリッシュは、やはりクラブを去ることが「今までで最も厳しい決断の一つ」と話す。それでも「自分が前に進むべきだと感じた」と続けた。

チャンピオンズリーグプレーしたいという強い気持ちを常に言っていたけど、今年のヴィラではそれが叶わなかった」

「(マンチェスター・Cへは)トロフィーを勝ち取り、チャンピオンズリーグプレーするためにここに来たから、今はそれだけに集中しているよ」

マンチェスター・Cに加入したグリーリッシュ [写真]=Getty Images