日本赤十字看護大学さいたま看護学部(所在地:埼玉県さいたま市中央区上落合8-7-19(大宮キャンパス)、学部長:小宮敬子)は、2021年7月29日、大学ホームページにて「新型コロナウイルスワクチン接種ハンドブック」を公開しました。

新型コロナウイルスワクチン接種ハンドブック」は、新型コロナウイルスワクチン接種開始に伴い、日本赤十字看護大学の在学生が接種の対象となった時に、病気の発症を予防するベネフィット(利益)とリスク(副反応・損害を受ける可能性)をどのように考え、ワクチンの接種を自分自身でどのように判断していくかを検討するための資料として大学のさいたま保健・衛生委員会(委員長:成木弘子)が作成したものです。
ハンドブックにはワクチンについての基本的知識のほか、主な新型コロナウイルスワクチンの種類と特徴、従来のワクチンとの違い、新型コロナウイルスに対する効果と現在確認されている副反応等についてまとめられ、本学の学生以外にも活用できる内容となっています。今回、学内のみならず広く学外の方にも役立てていただけるよう、大学のホームページで公開を開始ました。

詳細はこちらからご覧ください。
https://www.redcross.ac.jp/news/11500/

【日本赤十字看護大学について】
日本赤十字看護大学(学長:守田美奈子、所在地:東京都渋谷区広尾4-1-3)は 1890 年に開始された日本赤十字社病院における看護婦養成を前身とし、日本赤十字中央女子短期大学を経て 1986 年に 4 年制大学となりました。 2020年4月には埼玉県さいたま市に、さいたま看護学部(大宮キャンパス)を開設しました。
看護学部さいたま看護学部に加え、大学院修士課程・博士後期課程を設置し、 国内外の看護系大学の中で看護教育・研究の先駆的役割を果たしています。
https://www.redcross.ac.jp/

【学校法人 日本赤十字学園について】
医学・医療の高度化に応えられる、より質の高い看護師を養成するため、日本赤十字社の運営する看護師養成施設の高等教育部門として1954年に創立されました。
今日では6つの看護大学と6つの大学院、1つの短期大学を擁し、約3,400名の学生が在籍する学園として、高度な看護・介護福祉系の人材育成に努めています。
https://www.jrc.ac.jp/

【この件のお問い合わせについて】
日本赤十字看護大学
さいたま看護学部 入試広報担当
住所:埼玉県さいたま市中央区上落合8-7-19
TEL:048-799-2747
E-mail:s-nyushikoho@redcross.ac.jp








配信元企業:日本赤十字看護大学

プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ