公開延期となっていたアニメ映画さよならティラノ』の新たな公開日が12月10日に決定。併せてメインビジュアルが解禁された。

【写真】映画『さよなら、ティラノ』キャラクター画像

 本作は、シリーズ累計200万部を超える宮西達也の大ヒット絵本“ティラノサウルスシリーズ”『ずっとずっといっしょだよ』(ポプラ社)ほかを原作に、手塚プロダクションが制作。監督は『劇場版名探偵コナンシリーズ静野孔文。音楽は『王立宇宙軍 オネアミスの翼』以来33年ぶりにアニメーション映画を担当する坂本龍一

 声優キャストティラノ役の三木眞一郎、プノン役の石原夏織を筆頭に、悠木碧石塚運昇などベテランから若手までの声優陣が勢ぞろい。オープニングナレーションは原作者の宮西が担当している。

 人間たちが生まれるよりも昔。プテラノドンの少女プノンは旅の途中で、乱暴なゴルゴサウルスの手下ルッチとゴッチに襲われてしまう。しかし食べられそうになったとき、地上最強の恐竜ティラノサウルスティラノが現れて一命を取り留める。

 肉食をせず暗闇を怖がるティラノを気に入ったプノンは、赤い実がたくさんなっている地上唯一の楽園“天国”を探しながら旅していることを話し、一緒に行こうと誘う。一度は断りながらも、プノンのことが心配なティラノは一緒に旅することを決める。一方、ゴルゴサウルスの“白い悪魔ゴルゴも、“天国”の存在をゴッチらから聞かされていた。

 旅の途中、プノンとティラノは母親とはぐれトリケラトプス子どもトプスを助けるが、彼は“天国”からやってきたのだという。トプスの道案内でようやく“天国”の入り口に辿り着いたプノンとティラノだったが、そこで彼らを待ち受けていたものとは…。

 メインビジュアルは、主人公ティラノ、プノン、トプスが、「ずっといっしょだよ。」というコピーと共に、仲良く、楽しそうにじゃれ合う姿を捉えたビジュアルとなっている。

 アニメ映画さよならティラノ』は、12月10日より全国公開。

映画『さよなら、ティラノ』メインビジュアル (C)2018 “My TYRANO” Film Partners