琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社(本社:沖縄県中頭郡中城村、代表取締役社長:早川 周作、以下「琉球アスティーダ」)は、識学トレーニングを実施して約60社の組織を改善した経験のあるの城間 弘二氏と共に合同セミナーを行うことをお知らせ致します。
【セミナーを開催するにあたって】
経営者の多くは会社を成長させたい、ひいては成長させることが義務だと感じています。
しかし同時に多くの経営者が持っている悩みの1つが、社員の育成です。

会社の成長をするにしても1人では限界がある。
周りを巻き込んで会社全体として成長していく必要があります。

社員の育成の中でも、経営者と多くのコミュニケーションを行い、時には経営判断に関わる情報交換を行う幹部層の育成は企業の業績・成長を大きく左右してしまいます。

【会社の成長のために必要なこと】
多くの会社がうまく幹部を育てられない。 さらには、経営をしていく上で良い関係性を築けていない方も非常に多くいらっしゃいます。

実はその悩みは「社長のマネジメント」を変えることで解決します。

そこで、弊社は2021年8月31日(火)18:00~19:00に、沖縄の経営者層を対象に優れた幹部を育成し、長期的に貢献してもらうためのマネジメント講座を識学の城間 弘二氏をお迎えして合同セミナーを行います。

沖縄・九州エリアにて識学トレーニングを実施して約60社の組織を改善した実績のある城間 弘二氏と識学トレーニングを取り入れ、社員育成を行う弊社代表の早川にて、実例を上げながら沖縄の社長さんたちに幹部育成のエッセシャルポイントを共有していきます。

マイクロマネジメントをせずとも幹部が自動で各部署の成果を高め、 社長・幹部・社員そして会社が成長し続けられるマネジメント方法にご期待 ください!


タイトル
会社の成長は優れたNo2によって決まる!?
識学×アスティーダによる幹部を育てるオフライン合同セミナー!

【開催日時】
2021年8月31日(火)18:00~19:00

【会場】
バルコラボ県庁前店
住所:沖縄県那覇市泉崎1-11-2 ダイワロイネットホテル沖縄県庁前1F
https://www.hotpepper.jp/strJ001260950/

【参加費】
無料

■懇親会(経営者倶楽部を合同主催)
開始時刻:2021年8月31日(火)19:00~
※参加費:4,000円

申し込みフォームは以下より↓
https://ryukyu.mk6-robo.com/pages/shikigakuseminer/

登壇者プロフィール
--------------------------------------------------------
株式会社識学
シニア講師 城間 弘二(シロマ ヒロジ)
1977年沖縄県那覇市生まれ。
那覇高校卒 琉球大学工学部香川大学経営学修士
人材サービス会社にて東証一部上場を経験し、中四国エリアマネージャー北関東~北海道エリアマネージャーグループ会社執行役員として従事。 2017 年 9 月に識学の理論、原理原則に共感し、東京本社にて講師ノウハウを習得。 2018 年 4 月から沖縄・九州エリアにて識学トレーニングを実施して約60社の組織を改善。 広告業界、不動産業界、医療業界、土木建設業界、飲食業界、介護福祉業界、システム業界、税理 士法人、美容業界、コールセンター業界等の経営者に識学トレーニングを実施中。
--------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------
琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社
代表取締役 早川 周作
大学受験直前に家業が倒産、父親が蒸発し家財をすべてを失い無理心中寸前まで追い込まれるが、前向きな上昇志向で、大学進学を目指して上京。 朝の新聞配達から深夜の皿洗いまでアルバイトをして、学費を作り明治大学法学部に進学。大学在学中の20代前半から、学生起業家として数多くの会社の経営に参画して活躍する。その後、元首相の秘書として約2年間勉強し、28歳で国政選挙に出馬、次点。 経営者に戻ってからは「日本のベンチャーを育てる」という意志の下、日本最大級の経営者交流会を全国で主催。著書として『人生が変わる!「夢・実現力」』『小さい夢から始めよう。』がある。経済紙、新聞その他のメディア露出多数。 明治大学MBAビジネススクール講師・琉球大学客員教授等業種業界を超えた幅広い分野で活躍している。
--------------------------------------------------------

配信元企業:琉球アスティーダスポーツクラブ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ