毎日だいたい2~4時間、最長6時間残業した

職場の労働時間や人間関係によっては、好きな仕事でも長く続けられないことがある。キャリコネニュースには、合わない職場を早々に辞めたことがある読者から、さまざまなエピソードが寄せられている。

今回は、職場を6か月で退職した京都府20代女性の体験談を紹介する。(文:コティマム)

【早すぎ!? 仕事を即行で辞めたエピソード】最新記事はこちらから

夫婦喧嘩を職場にもちこむ上司夫婦「喧嘩している時は現場の空気が重い」

女性は給食委託会社の管理栄養士として病院に配属されていたが、労働時間や人間関係に悩んでいた。

「初出勤日から毎朝5時出勤。シフトを知らされたのはその5日前。定時は14時だが入職半月で残業が始まり、毎日だいたい2~4時間、最長6時間残業した」

休憩は1時間取ることになっていたが、「しっかり取れたのは最初だけ」という。

「朝5時から休憩なしで動き続けるのはきつかった」

病院という環境ゆえ、患者さんへの昼食提供があり忙しいだろう。そのうえ朝5時からほぼ休みなく残業までしては、体力が持たなくても仕方がない。

さらに女性を追い込んだのが、人間関係だ。基本的に同僚とは仲良くできていたが、どうしても合わない人がいた。

たまたまその事業所の2トップが夫婦で、この2人とだけは仲良くなれなかった。(夫婦)喧嘩を職場まで引っ張るため、喧嘩してる時は現場の空気が重い。私のキャラ(?)の問題なのか、そういう時にとばっちりを受けやすく、理不尽に怒られたりした」

退職後、立場が逆転「いつもガチガチの敬語で話してくれます」

プライベートな問題で職場の空気を重くしてしまう夫婦。かといって、「(夫婦の)仲が良い時は現場もいい雰囲気というわけではなく、2人で怒ってきたりする」と女性はもらす。

「私は昼礼の時に、明らかに自分が悪いわけじゃないのに、全員の前で2人から怒られた。あとで他のスタッフに『気にしんときや』などと声をかけてもらったのでよかったですが」

こうした職場の状況に耐えられなくなった女性は、6か月で退職。現在は、病院の直営側の管理栄養士として働いている。

「厨房の委託会社は、私が辞めた会社が入っている。委託会社時代に一緒に働いた夫婦の嫁は、出世して本社社員として各事業所の指導にあたっているため、うちの病院にもたまに来る。現在は私が直営側、嫁は委託側のため、私のほうが立場が上となり、いつもガチガチの敬語で話してくれます」

女性の立場が上になったことで、態度を変えてきた夫婦の妻。女性は委託会社を退職できて「満足している」と語った。

アンケート概要
■実施期間
2020年11月21日
■回答数401
 ※8月2日時点
(記事では、8月1日に寄せられた投稿を紹介)
アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツールクエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/HF78WM9H
■質問項目
・業種・職種を教えてください
・どれくらいの期間で辞めましたか?
・辞めた理由を具体的に教えてください
・実際、辞めてみてどうですか? 満足・不満、またその理由を教えてください

※キャリコネニュースでは引き続き仕事を即行で辞めた人のほか「夏のボーナスいくらですか?」オンライン会議中のとんでもないエピソードなどのアンケートを実施しています。

給食委託会社を半年で辞めた女性「朝5時から休憩なしで仕事。きつかったです」