先日発表されたリオネル・メッシの退団。バルセロナでの選手登録が不可能になり、契約満了でチームを離れることになった。

まだ具体的な動きには進んでいないものの、メッシは現在フランスリーグアンパリ・サンジェルマンとの接触を行っていると言われる。

そして、パリ・サンジェルマンメッシを獲得するために10人もの選手を市場に出し、給与の予算を確保しようとしているとか。

その動きに目を光らせているのが、バルセロナライバルであるレアル・マドリーであるという。

『AS』によれば、レアル・マドリーは「もしパリ・サンジェルマンメッシを買うならば、キリアン・エムバペを獲得できるのではないか」と考えているとか。

エムバペパリ・サンジェルマンの契約は2022年夏に満了を迎えるため、レアル・マドリーは今夏それを見越して補強を控えていたとも。

しかしながらもしメッシパリ・サンジェルマンと契約を結んだ場合、この夏の間に獲得できる可能性が出てくるという。

レアル・マドリーバルセロナと同じようにサラリーキャップ制度の下で人件費を抑える必要があるが、こちらはまだ1億2000ユーロ(およそ155.4億円)分の空きがあるとか。

【写真】この10年「驚きの退団を余儀なくされた超レジェンド」5名

とはいえ、もちろんまだまだメッシの交渉がどう進むかは不明。パリ・サンジェルマンも1億8000万ユーロ(およそ233.1億円)ほどを調達しなければメッシ獲得は不可能だとされている。レアル・マドリーは彼らの動きから目を離さないだろう。

メッシの退団で!レアルが動く「エムバペ取れるんじゃね」