メイン画像

この先の2週間は、曇りや雨の日が多い見込み。秋雨前線が、本州上に停滞する日が多く、低気圧が前線上を進む際には大雨のおそれ。沖縄は夏の高気圧に覆われて晴れる日が多い。最高気温と最低気温は、お盆期間をはさんで平年より低い所が多いが、本州から九州、沖縄では蒸し暑さが続く。北海道は秋風が吹くが、お盆明けから高い日も。

11日(水)から17日(火) お墓参りは雨のやみ間に

11日(水)から17日(火)にかけては、本州付近に前線が停滞する日が多いでしょう。前線に沿って、低気圧が東に進む日もありそうです。太平洋高気圧は、これまでよりも南よりに張り出して、沖縄地方を覆う日が多くなるでしょう。
北海道は、晴れる日がありますが、15日頃までは雨が降りやすい見込みです。
本州から四国や九州は、前線の影響で曇りや雨の日が多いでしょう。13日から15日頃にかけては、前線の活動の程度によっては大雨のおそれがあります。
沖縄では、高気圧に覆われて夏空が続く見込みです。
最高気温と最低気温は、ともに全国的に平年並みか低い日が多い見込みですが、期間の後半は平年より高い所もあるでしょう。

18日(水)から23日(月)残暑 厳しい暑さ復活も

画像B

引き続き、曇りや雨の日が多い見込みです。北海道や沖縄では晴れる日が多くなりますが、雨の降る日があるでしょう。
厳しい残暑が復活するでしょう。特に、関東から九州、沖縄では、お盆のころまでは30℃を下回る所もありますが、連日のように真夏日になる見込みです。
高校球児が熱戦の火ぶたを切った関西は、晴れ間が出る日もありますが、雨が降る日もある、不安定な天気が続くでしょう。
試合日程がずれることも考えられますので、コンディション調整や暑さ対策をなさって下さい。

2週間天気 お盆期間は不安定な天気 北は秋風も