「放任主義の育児」「ほったらかしの育児」は、近年よく耳にするようになった育児論です。

【子どもの甘え】どこまで受け止める?やりがちな“甘やかし”と成長する“甘えさせ”

過保護な育児は子どもの自立心などを潰すと言われているものの、極端な子どものほったらかしや放置はかえって子どもの心の成長に影響を及ぼします。

実際、子どもを放置している家庭を見てみると、精神面や健康面、安全面などにさまざまな問題が見られます。「過保護は良くないから」と極端に放置することは危険といえます。

そこで今回は、子育てで重要な、子どもの良い成長を促す「放任主義の育児」と、単純な「ほったらかしの育児」の違いをわかりやすくまとめました。

「放任主義の育児」とは

まずは、子どもの自立心を促すなど、良い成長を促すとされる「放任主義」の育児についてご紹介します。

子どもの状況には目を向けるものの、口や手は出さない

放任主義の特徴として、まず挙げられるのが「目を向けつつ、口や手は出さない」というものです。

子どもが何をしているのか、何を選ぼうとしているのかなど、おおよその状況を把握しているものの、親が「こっちから進めたら」「それはあまりおすすめしない」など、口や手を出さないのが放任主義です。

選択を誤っても、それは子どもにとって勉強の一つ。一定の距離をとって見守るのが放任主義といえます。

ただし、危険行為や迷惑行為などはその場で止め、注意します。

宿題の進め方や勉強計画は”促す”にとどめる

子どもの宿題について、「〇時にここまで進めて」「△時までに済ませて」「この次に~…」と全て指示したくなるママは多いです。

しかし、子どもの自立心を育てるためには、宿題の進め方や勉強計画は「促す」にとどめることが大切。なぜなら、「親から指示されないとどう宿題を進めたらいいのかわからない」といった子どもになる可能性があるためです。

19時にご飯にするからね」「今日の宿題は時間かかりそうなの?」など、遠回しに宿題の進行を意識するような言葉かけを意識してみてください。

必要なルールマナーはきちんと伝える

教育において重要なのは「ルール」「マナー」などです。放任主義は、子どもの身の回りには口を出しませんが、生きていくうえで必要なルールマナーなどには厳しい傾向にあります。

「危険なトラブルに巻き込まれないためのルール」「人に迷惑をかけないためのマナー」などは、子どものうちからきちんと教えておかなければなりません。

また、ルールマナーを守らないようであれば、その都度「叱る」といった対応も重要です。

子どもに関わる選択の決定権は常に本人

放任主義の大きな特徴の一つが、子どもに関わる選択肢子どもに握らせてあげるという点です。

進路や始めたい習い事、自由研究テーマなど、選択の大きさに関わらず、子どもに直接関係する選択の決定権は、常に本人が握っています。

そのため、子どもは自分が興味を抱いている分野を、より深堀りしていく力が身に付くのです。

また、親の顔色を伺いながら方向性を選ぶこともなくなります。どのような選択肢を選んでも親が背中を押してあげれば、自己肯定感も高くなるでしょう。

「ほったらかし」の境界線は…

「ほったらかしの育児」とは

「放任主義の育児」と似たスタイルに「ほったらかしの育児」がありますが、後者は注意が必要な育児です。

ここからは、ほったらかしの育児の特徴について解説します。

子どもに対して無関心

「ほったらかし」の最大の特徴といっても過言ではないのが「子どもへの関心がない」です。

子どもの将来のことや、子どもの興味などに一切関心がないので、手や口を出したいと感じることもありません。

そもそも、子どもが何を考えているのか、どこで何をしているのかといった点も把握していないことが多く、子どもがそのまま放置子になるケースもあります。

環境だけ整えてあとは放置する

ほったらかし育児の特徴の一つが、環境だけを整えてほとんどサポートしないことです。

比較的多いのが、学習できる環境だけを整えてあとはノータッチといったケース子ども部屋を作ったものの、子どもの勉強をほとんど見ることがなかったり、家庭教師に学習面を丸投げして、子どもの進路相談や学習レベルの相談に応じないことなどが挙げられます。

環境だけを整えていても、親の十分なサポートがなければ、子どもはなかなか伸びません。そのうえ、そもそも自分にはどのような選択肢があるのかもわからないので、結果的にこれからの方向性が漠然としてしまいます。

子どもの決めたことにアレコレ口を出すのはNGですが、子どもや教育者からの相談に応じないのはさらに避けるべきといえるでしょう。

子どもトラブルに対応しない

子どもが学校でトラブルを起こしたり、子どもが遊びに行った先で揉めたりしたとき、何も対応しないのは、ほったらかしの育児の特徴です。

子どもであれば、お友達と喧嘩をしてしまうことや、相手に怪我をさせてしまうこともあるかもしれません。そんなときには、きちんと状況を確認して謝罪する必要があります。

しかし、基本的に子どもをほったらかしている親は、どうしても「他人事」になりがち。子どもがさらなるトラブルを引き起こすだけでなく、子どもが親に対して尊敬の気持ちを抱きにくくなります。

しつけや教育は学校・園に丸投げ

これから成長していくにあたり、必要不可欠な「しつけ」「教育」。これらを学校や保育園幼稚園丸投げしている親は「ほったらかし」と判断できます。

学習面においては学校に任せる部分が多いのは当然ですが、そのほかの生活上のマナールール、必要な知識などは家庭でもきちんと教えていく必要があります。

「学校で教えてくれるだろう」「園で対応してくれるだろう」と丸投げしていると、マナールールを理解していない子どもに成長する可能性があることを覚えておいてください。

子どもの自主性を育みたいと考えるママは少なくありません。しかし、「どこまで放っておいていいのか」「自分の育児はほったらかしすぎではないか」など、さまざまな疑問・不安が生じるものです。

これを機に、今回ご紹介した内容を参考にしながら、今後の子どもとの向き合い方について考えてみてはいかがでしょうか。