ガンバ大阪は10日、ジュニアユースに所属する多田吾郎についての報告を行った。

多田は、2020年に再生不良性貧血を発症。G大阪は公式サイトを通じて2020年5月に報告していた。

その多田は、2020年8月に骨髄移植を実施。「移植後、大きなトラブルもなく、日常生活を過ごせるようになり、クラブも受け入れ態勢を整えながらチームへの合流を目指してトレーニング等に取り組んできました」と声明を発表した。

移植から1年が経過し、多田がメッセージを寄せ、G大阪ジュニアユースを退団することを決断したことを発表。今後は医者を目指すと新たな目標に向かって進むとした。

ガンバ大阪サポーターや応援してくださった皆様へ」

「僕はガンバ大阪ジュニアユースを辞めさせていただくことにしました。その理由は、2つあります」

「1つ目は、僕はプロになりたくて、プロとしてサッカーをしたくて、ガンバ大阪ジュニアユースに入団しました。プロになることを目標に、日々練習に精を出していました。ですが、サッカーができない日々が続き、プロになりたいという気持ちが薄れていきました」

「そして、そんな時、僕のジュニアユースの同学年の戦友が、必死に頑張っている姿を見て、プロになる目標、夢への意識が薄くなっている自分がいる場所ではないと思ったからです」

「2つ目は、僕に新しい目標ができたからです。それは、自分を病気から救ってくれたお医者さんになり、自分が救ってもらったように、新しいこれからの生命を救っていきたいと思ったからです」

「そして、これからはこの自分の新たな目標を、無我夢中で追いかけたいと思います!」

「今まで応援ありがとぉぉぉぉぉーーーう!これからもがんばりマスカット(笑)そして、これからも応援よろしくお願いします」

G大阪はこのメッセージを受け「クラブは多田選手の新たな夢に向かう強い意志を尊重し、これからも共に歩んでいきたいと思います」とエールを送った。



8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像