8日にミランとの親善試合を行ったレアル・マドリー。新シーズン開幕前最後の実戦だったが、この試合に先発出場したウェールズ代表FWガレス・ベイル背番号に注目が集まった。

ベイル2013年夏にトッテナムから加入した時から背番号11を着用。しかし、昨夏レアル・マドリーからのシーズンローンという契約で7年ぶりのトッテナム復帰を果たすと、背番号11はスペイン代表FWマルコ・アセンシオが着用していた。

ウェールズ代表の一員として参加していたユーロ2020の戦いを終え、クラブに帰還したベイルだが、その背番号が決まっておらず、ミラン戦では背番号50を着用することとなった。

ラ・リーガの規定ではトップチーム登録の選手は1番から25番の背番号を着用することが義務付けられており、リザーブチームやユースチーム登録にならない限り、それ以上大きな番号を背負うことができない。

また、ベルギー代表FWエデン・アザール2019年夏にチェルシーからマドリーに加入した際には、背番号が決定するまで50を着用したこともあった。

現時点でマドリーの空き番は5、16、18、21の4つ。ベイルを含め、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴールスペイン代表MFダニ・セバージョス、日本代表MF久保建英セルビア代表FWルカ・ヨビッチU-24スペイン代表DFヘスス・バジェホと、昨シーズンレンタルに出ていた6選手の背番号が決まっていない状況だ。

なお、ミラン戦に出場したウーデゴールは21番、ヨビッチは18番を着けている。



チェルシービジャレアルが対戦する「UEFAスーパーカップ2021」、WOWOWで生中継!
>>「UEFAスーパーカップ2021」を見るならWOWOW!

サムネイル画像