株式会社ファミリーマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:細見研介)は、地球温暖化抑制やエネルギー多様化等に対応した持続可能な社会の実現に向け、燃料電池(FC)小型トラックの導入検討にあたり、実用性・利便性を検証するための走行実証を、2021年に行うことをお知らせしておりましたが、このたび、開始時期等が決まりましたのでお知らせいたします。
1.開始時期
2021年10月以降

2.実証場所等
愛知県岡崎市にあるファミリーマート岡崎定温センターを起点とした1日3便の店舗配送コースを予定

3.FC小型トラックの仕様等
トヨタ自動車いすゞ自動車が共同開発した燃料電池(FC)小型トラック(最大積載量3トン・2室式)を1台使用して走行実証を実施予定。

【主要諸元(目標値)】
・走行距離:約260km(JE05モード相当)
・FCスタック:最高出力120kw以上
・燃料タンク:水素貯蔵量約10kg

4.その他
・既存の水素ステーションを利用し、最も高いレベルの配送品質を求められる定温配送に燃料電池小型トラックを導入することで、実用性(燃費・航続距離・温度管理)と利便性(水素ステーションでの充填タイミング及び充填時間)に関する検証を行ってまいります。

FC小型トラックのイメージ画像

 ファミリーマートでは、環境に関する中長期目標「ファミマecoビジョン2050」を策定し、持続可能な社会の実現に貢献するため、「温室効果ガス(CO2排出量)の削減」、「プラスチック対策」、「食品ロスの削減」の3つのテーマについて数値目標を設定し、取り組みを進めております。
 また、「ファミマecoビジョン2050」に加え、物流面については、配送トラックから排出されるCO2を、2030年2017年度比30%削減を目標に、クリーンディーゼル車両(環境配慮車両)の導入や、配送の効率化など、目標達成に向けた、さまざまな実行可能な施策を進めております。あわせて、EV(電動)トラックやFCV(燃料電池)トラックの導入、環境配慮型燃料の導入の実験も積極的に進めており、今後の本格導入と、さらなるCO2削減のための取り組みを進めてまいります。



【ご参考】
セブンイレブンファミリーマートローソントヨタ・日野が燃料電池小型トラックの導入を目指した取り組みを開始
https://www.family.co.jp/company/news_releases/2020/20201208_03.htm

福島県トヨタ自動車が取り組む水素を活用した新たな未来のまちづくりに賛同~ファミリーマート配送車のFCV化や水素活用などを検討~
https://www.family.co.jp/company/news_releases/2021/20210604_02.html

クリーンディーゼル車両の導入や、配送の効率化などにより配送トラックから排出されるCO2を13.2%削減~2030年までに2017年度比30%削減を目標~
https://www.family.co.jp/company/news_releases/2021/20210707_01.html

 ファミリーマートは、今年創立40周年を迎えます。これからも「あなたと、コンビに、ファミリーマート」のもと、地域に寄り添い、お客さま一人ひとりと家族のようにつながりながら、地域社会に貢献する姿勢を貫くとともに、40周年を記念したプロジェクト「40のいいこと!?」として、便利さの先にある、なくてはならない場所を目指してまいります。

ファミリーマート40周年プロジェクト
URLhttps://www.family.co.jp/campaign/spot/2021_40th.html

配信元企業:株式会社ファミリーマート

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ