一般社団法人 生きづらさインクルーシブデザイン工房代表理事であり、不登校ひきこもりなどの生きづらさを経験した大橋史信と家族関係心理士の岡本二美代は、不登校ひきこもりなどの生きづらい状態から自分らしい回復のコツを伝え、回復を目指す本 「不登校ひきこもり発達障害LGBTQ+ 生きづらさの生き方ガイド (本人・家族の本音と困りごと別相談先がわかる本)」を2021年7月1日(木)に、(株)日本法令より出版、2021年8月20日(金)に重版による第2刷を発売いたします。つきましては、貴社お取り扱い媒体などでのご紹介、著者への取材をお願いできますと幸いです。ご検討のほどよろしくお願いいたします。

(株)日本法令初版本を受け取って記念撮影

不登校ひきこもり発達障害LGBTQ+生きづらさの生き方ガイド(本人・家族の本音と困りごと別相談先がわかる本)」の特徴


●「13組」の生きづらさを経験した本人とその家族のインタビューを掲載
●「自分らしい生き方を考えるための視点」や「社会福祉制度、行政・民間問わず、各種支援団体を含めた相談窓口・支援団体」などの情報を、困りごと別に本書1冊でわかるように編集
●生きづらさ当事者経験者と支援者の双方の視点に立って編集
不登校ひきこもり当事者経験者やその家族、支援者の悩みにあわせ、読者が知りたいことが、すぐわかる「早見表」を冒頭に、各種情報には、直接ネットでも調べることができるよう二次元コードをつけ、誰にとっても読みやすいように構成

推薦者の言葉 「生きづらさを抱えた方々の辞典」と言える本です。現在お困りの方のみならず支援者も含めた多くの方に、ぜひ読んでいただきたい」一冊です。

なでしこメンタルクリニック院長 白石 弘巳

不登校ひきこもり発達障害LGBTQ+ 生きづらさの生き方ガイド(本人・家族の本音と困りごと別相談先がわかる本)」誕生の背景


本著執筆者である大橋史信は、「不登校ひきこもり発達障害・家族との確執・就労困難」などの生きづらさを経験した当事者。いじめが原因で9歳のときに、先生との人間関係により高校生のときに、それぞれ不登校を経験。19歳のときに就職した職場では人間関係がうまくいかず、半年もたたず退職。その後、約14年間ひきこもり状態を経験。その中で、両親とも衝突し、「わがままを言わず学校・職場に行きなさい」「あなたが悪い」と言われ、生きづらい自分を受け止め理解してもらえず、自身が家を飛び出したこともあった。その後、医療機関に繋がり、自身に知的障害付大人の発達障害があることがわかり、同じ生きづらさを抱えた当事者やその家族と交流をしてみたくなり、当事者団体(家族会)に顔を出すようになる。その中で、当時両親は、社会の価値感や世間体から周りに相談することができず、追い込まれていたことが、自身も両親同様の経験していたことに気づき、下記の考えを持つようになります。

・「困りごとからの回復」に必要な相談機関がわかり、自身のタイミング で直接行き、繋がれるようにしたい。
・家族も荷を下ろして自由に相談できる環境をつくりたい。
ひきこもり当事者のみならず、家族も含めた「家族まるごと生き方支援」の視点を大事にしたい。

そして2013年、自身の想いや経験から「ひきこもり家族会」などの当事者団体でのピアサポート活動を、開始。その後2020年に、一般社団法人生きづらさインクルーシブデザイン工房を設立。
この度「自分のタイミングで、生きづらさについて気軽に相談できる地域社会をつくること」を目的に、「当事者や経験者の声、各種社会資源情報、自身の活動実績」などを一冊にまとめた本著を出版いたしました。

【「不登校ひきこもり発達障害LGBTQ+ 生きづらさの生き方ガイド(本人・家族の本音と困りごと別相談先がわかる本)」」製品概要】

▶著者名:一般社団法人生きづらさインクルーシブデザイン工房代表理事/生きづらさ(難さ)コンセルジュ 大橋史信
▶共 著: 家族関係心理士・心理カウンセラー 岡本 二美代

▶価 格:1980円(税込)
▶判型など:(A5判) / 240頁/ (株)日本法令2021.07.01日(木)発売 (第2版 2021.08.20日(金)発売)
▶購入方法:
amazonでのご注文はこちらから → https://www.amazon.co.jp/dp/4539728393/
・楽天でのご注文はこちらから → https://books.rakuten.co.jp/rb/16736149/
・チラシ申込(特典付)はこちらから→https://hardlife-concierge.com/wp/wp-content/uploads/2021/07/book_flyer.pdf
※書店注文も受け付けています。




一般社団法人生きづらさインクルーシブデザイン工房について

不登校ひきこもり発達障害等の生きづらさ当事者である大橋史信が、2020年7月東京都豊島区に設立。運営メンバーは、「不登校ひきこもりなどの生きづらさ当事者経験者やその家族、志を同じくする精神科医、キャリアコンサルタント」などで構成。
不登校ひきこもりなど社会的に孤立し、無援状の人が、気軽にSOSを出し、相談できる地域社会の実現のために、当事者経験者目線を生かし、家族丸ごと支援の重要性などを社会に発信すべく、行政機関(保健所、精神保健福祉センター等)、社会福祉協議会、家族会等と協同して、学習会・講演会などの活動を行っている。

ご家族に向けたひきこもり講演会

【法人概要】
法人名:一般社団法人生きづらさインクルーシブデザイン工房
所在地:東京都豊島区北大塚1丁目30番4号 大橋方
代表者:大橋 史信
設立:2020年7月15日
URLhttps://www.iidk.org/
事業内容:相談、研修、講演、セミナー・イベント事業

配信元企業:一般社団法人 生きづらさインクルーシブデザイン工房

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ