ハイスペックな男性は婚活市場でも人気が高く、ライバルも多い存在です。高収入な男性と結婚すると贅沢な暮らしができる可能性も高く、そういう男性を狙って婚活している女性も多いでしょう。ですが、ハイスペック男性と付き合えば絶対に幸せになれるわけではありません。むしろハイスペック男性だからこそ、覚えておかなければならない注意点もあるのでチェックしておきましょう。


常にストイックで休まらない

ハイスペックな男性も、生まれた時からハイスペックなわけではありません。他の人が遊んでいる時間に努力しているからこそ、今のハイスペックな地位を手に入れたという人も多いでしょう。そういう人は、常に努力をすることが癖になっています。家にいても努力をするのが当然で、ダラダラとソファで横になることは信じられないという人もいるでしょう。彼女に努力を強要することはしなくても、一緒にいると休まらないと感じる女性も少なくはありません。


「自分の成果」という意識が強い

ハイスペック男性は、自分が今まで頑張ったからこその能力・報酬を得ています。だからこそ「自分が頑張ってきた自分の成果」という意識を強く持っています。そのため結婚しても「夫婦の共有財産」ではなく「俺の稼ぎ」という意識を持ってしまう人もいるでしょう。無意識のうちに「誰の金で買った食材だ!」とモラハラ男になってしまう恐れもあります。


相手を見下す人も多い

できる人は、できない人の気持ちが理解できない人も多いと言われています。むしろ「こんなこともできないなんて、努力が足りない」と決めつけてしまうこともあるでしょう。不器用な人に対して、見下す態度をとってしまうこともあります。自分の子どもに対しても「俺の子供なのにできないなんて信じられない」のように、厳しすぎる子育てをしてしまうこともあるので要注意です。


ハイスペックすぎる男性は理解するのが難しいかも......

ハイスペックな男性に憧れる女性は多いですが、あまりにもハイスペックすぎて自分とはかけ離れた存在だと理解が難しいこともあるでしょう。その人のスペックだけでハイスペック男性を狙わず、本当にその人自身を好きになれるかを判断してくださいね。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

憧れるけど危険!?【ハイスペック男性】の意外な注意点とは?