AKB48グループメンバーが“歌唱力”だけでその頂点を競い合う「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の第4回大会の開催が決定。CS放送TBSチャンネル1にて、同大会の予選審査と決勝大会の模様が生放送される。

【写真を見る】ライブでオリジナル曲を披露した第3回大会ファイナリストの9人

第4回大会の参加条件はこれまで同様、国内の48グループに所属していることのみ。予選では、立候補者全員が課題曲の中から1曲を選び、ピアノ伴奏で歌唱。その映像を見てプロのミュージシャンらが審査し、決勝進出メンバーを選定。決勝大会ではバンド演奏をバックに歌声を披露し、No.1を決定する。

AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」は2019年に第1回大会が行われ、野島樺乃(元SKE48)が初代チャンピオンに。同年に開催された第2回では、矢作萌夏(元AKB48)が2代目女王に輝き、2020年の第3回大会では、STU48の池田裕楽が圧巻の歌声を披露し、研究生ながら優勝を果たした。

また、第3回大会の上位メンバー9人は審査員を務めたゴスペラーズ・黒沢薫のプロデュースで、ユニットNona Diamondsとしてオリジナル曲「はじまりの唄」をリリースした。

AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第4回大会の予選審査の模様は今秋、CS放送TBSチャンネル1で生放送。決勝大会は2022年1月に開催予定で、同チャンネルにて完全生中継される。

「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第4回大会の開催が決定(※写真は第3回大会)/ ※提供写真