メイン画像

東北地方の向こう2週間の天気は、前線や低気圧の影響で、雨の降る日が多くなりそうです。前線や低気圧の動き次第では、雨や風が強まる可能性がありますので、最新の情報をこまめに確認してください。気温は、平年並みか低い日が多く、極端な暑さの日はなさそうです。

11日(木)~17日(火) 東北南部を中心に雨が降りやすい

画像A

お盆期間は、本州付近に前線が停滞しやすいでしょう。東北北部は15日(日)にかけて、東北南部は17日(火)にかけて雨が降る見込みです。前線や低気圧の動き次第では、山沿いを中心に雨の量が多くなる可能性があります。また、風が海上を中心に強まり、海は波が高くなるおそれがあります。お盆期間中に海や川、山のレジャーを予定されている方は、最新の情報を確認してください。
気温は、平年より低い日が多く、青森県など空気がややヒンヤリと感じられる日もありそうです。厳しい暑さは落ち着きそうですが、急な気温変化で体調を崩さないようにお気を付けください。

18日(水)~23日(月) 雨の降りやすい天気が続く

画像B

後半も雨の降りやすい天気が続くものの、晴れ間のでる所もある見込みです。貴重な日差しとなりそうですので、洗濯物をまとめて片付けるチャンスになりそうです。
8月も後半に入りますが、本州付近への太平洋高気圧の張り出しは弱く、日本付近は台風の通り道になりやすい見込みです。台風が東北付近に進んでくる可能性もあるため、台風接近前にできる行動を事前に確認してください。

画像C

画像D

東北2週間天気 お盆期間は雨が降りやすい