日本の経営コンサルティングのパイオニアである株式会社タナベ経営(本社:大阪市淀川区・東京都千代田区、代表取締役社長:若松 孝彦)は、2021年8月24日(火)13:00~15:30に無料ウェビナー「バックオフィスDX戦略フォーラム~生産性を劇的に上げるDXの潮流~」を開催いたします。
URLhttps://tanabekeiei.hmup.jp/backofficedx_forum_210824

海外では「ビジネスの成果に貢献する付加価値部門」として捉えられているバックオフィス機能ですが、日本では「下支え部門」という認識が根強く残るのが現状です。この認識を変え、付加価値部門へと変革する鍵こそが「DX」。DXを推進することで業務効率化が進み、時間が生まれ、その生まれた時間でさらにDXを活用し、成果に直結する高付加価値を作り出します。「業務効率化」に「高付加価値」を加え、バックオフィス機能を変革していくために必要なことが”戦略的”なDX活用です。

フォーラムでは、タナベコンサルティンググループTCG)であるグローウィンパートナー株式会社 執行役員 Strategy&Operations事業部 事業部長(公認会計士) 舟山 真登 とタナベ経営のコンサルタントによる提言をお届けいたします。さらに、イー・ビー・ソリューションズ株式会社 取締役 マーケティング&新規事業化統括 柳澤 時彦 氏、グローウィンパートナー株式会社 舟山 真登、タナベ経営 ファンクションコンサルティング東京本部 本部長代理 武政 大貴の3名によるパネルディスカッションを実施します。課題解決のための一助としてお役立てください。

ゲスト
イー・ビー・ソリューションズ株式会社 取締役 マーケティング&新規事業化統括 柳澤 時彦 氏

一橋大学卒、専攻は地域社会研究。株式会社東芝を経て現職へ。ERPパッケージを用いての、製造業における基幹システム導入、グローバル展開、活用に長年従事。近年ERPのSaaS化に伴い、古くからある「業務改善」から「システム導入」という基本アプローチの大切さを再認識しており、この手法の先にDXの解があると感じている。

グローウィンパートナー株式会社 執行役員 Strategy&Operations事業部
事業部長(公認会計士) 舟山 真登

2005年 有限責任監査法人トーマツ入所。東証一部上場企業をはじめ、幅広い業種・規模の企業に対する法定監査業務、内部統制監査制度の導入支援業務、IFRS導入支援業務に従事。2017年より部長職。経理財務部門における生産性向上を実現するAccounting Tech(R)Solution事業を推進し、2020年 Strategy &Operations事業部 事業部長に就任。上場企業向けに、経営管理体制構築支援、経理財務部門における生産性向上の支援、PMI(Post Merger Integration)プロジェクトの支援、経理BPOサービスなど、多くの案件を手がけるほか、専門誌の執筆やセミナー講師を多数実施。

■タナベ経営 登壇社員
タナベ経営 ファンクションコンサルティング東京本部 本部長代理 武政 大貴
中央大学法学部卒業。財務省関東財務局で金融機関の監督業務を経験後、企業経営に従事。2009年タナベ経営入社後は主に中期経営計画策定、企業再生・再建支援を行い企業体質改善に寄与。2019年本部長代理、経営の見える化研究会リーダー。また、5S・VM活動支援においては、経営視点からの企業体質改革を実現している。近年では生産性カイカクソリューションのブランドリーダーとしてデジタルアナログを融合したBPRを推進している。現実・現場・現品主義を信条とする行動派コンサルタント。著書「真の見える化が生産性を変える」ダイヤモンド
タナベ経営 執行役員 ファンクションコンサルティング東京本部担当 齋藤 正淑
1995年タナベ経営入社。東京本部長を経て2019年執行役員。上場・中堅企業の総合的な経営基盤強化を、収益構造の再構築により達成するタナベ屈指のコンサルタント。経営ビジョン・戦略策定、中期経営計画の策定、財務・資本政策立案、事業承継戦略構築を得意とする。中堅建材卸の中期ビジョン構築で売上倍増、ベンチャー製造業の成長支援で年商5倍、上場外食チェーンの業績V字回復、大手パワービルダーの事業ポートフォリオ見直しで収益構造革新、中堅ディーラーグループ経営体制への移行支援、調剤薬局チェーンの事業承継サポートなど多くの実績を持つ。
■開催日時:2021年8月24日(火)13:00~15:30
■受講方法:Zoomによるライブ配信(オンラインセミナー)
■参加費:無料
■申込方法:下記特設サイトの申込フォームよりお申込みください。
https://tanabekeiei.hmup.jp/backofficedx_forum_210824
■申込期限:2021年8月23日(月)
■注意事項
・ご来場は不要です。
リアルタイム配信です。
・通信料はお客様のご負担となります。
Wi-Fi環境など高速通信が可能な電波の良いところでご視聴ください。
・一般参加者様の録音・録画・写真撮影等はご遠慮願います。
・同業者様のお申し込みは、ご遠慮いただいております。
プログラム
・13:00~13:05 ガイダンス&オープニングメッセージ
・13:05~13:30 基調講義「バックオフィスDXの潮流」
―タナベ経営 ファンクションコンサルティング東京本部 本部長代理 武政 大貴
・13:30~14:00 ゲスト講義
―グローウィンパートナー株式会社 執行役員 Strategy&Operations事業部 事業部長(公認会計士) 舟山 真登
・14:00~14:10 休憩
・14:10~15:10 パネルディスカッション
―イー・ビー・ソリューションズ株式会社 取締役 マーケティング&新規事業化統括 柳澤 時彦 氏
―グローウィンパートナー株式会社 執行役員 Strategy&Operations事業部 事業部長(公認会計士) 舟山 真登
―タナベ経営 ファンクションコンサルティング東京本部 本部長代理 武政 大貴
・15:10~15:30 まとめ講義「DXを活用したバックオフィスの付加価値創造機能への転換」
―タナベ経営 執行役員 ファンクションコンサルティング東京本部担当 齋藤 正淑

■タナベ経営について
タナベ経営は、1957年昭和32年)に創業し、今年創業64年を迎える日本の経営コンサルティングのパイオニアです。「企業を愛し、企業とともに歩み、企業繁栄に奉仕する」という経営理念のもと、「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社」の創造をミッションとしています。
グループ500名を超えるプロフェッショナル人材を擁し、「経営者・リーダーパートナー」として大企業から中堅企業まで約10,000社の支援実績があり、その中には上場企業や業界ナンバーワン企業、地域の優良企業も多数含まれます。
コンサルティングスタイルとしては、クライアント企業の課題に合わせて「ドメイン(業種・事業領域)×ファンクション(経営機能)×リージョン(全国10地域)」の3つの観点から、複数名のコンサルタントを選定してチームを組成する「チームコンサルティング」を推進しています。

ドメイン(業種・事業領域)
食品(製造・流通・外食)、建設(建設・インフラ・住宅・不動産)、サプライチェーン(製造・流通卸・物流)、ライフ&サービス(小売・BtoBサービス・BtoCサービス)、行政・公共サービス
ファンクション(経営機能)
ビジネスモデル(中長期ビジョン・事業ポートフォリオ戦略・ブランディング戦略等)、コーポレートファイナンスホールディングス・事業承継・グループ経営等)、BPR、HR(組織戦略・人事戦略・FCCアカデミー(企業内大学)設立・人材採用等)、DX、M&A、マーケティングプロモーション
・リージョン(全国10地域)
札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、福岡、那覇

All for the Client-すべてはクライアントのために」という徹底したクライアント中心主義のもと、企業の戦略デザイン(上流工程)から現場における実装・実行支援(中流~下流工程)まで、一気通貫で支援できるコンサルティング・バリューチェーンの構築を目指しています。

■We are Business Doctors
――日本で、経営コンサルティングがはじまった。
「私が勤めていた会社が倒産した」これは創業者 田辺 昇一の原体験。
会社がつぶれるということは、働く社員が路頭に迷い、取引先にも大きな迷惑をかける。どんなに規模が小さくとも、すべての企業には命がある。田辺 昇一は、企業を救う医師「Business Doctor」として企業とともにその命を守っていこうと決心しました。
「会社はつぶれるようにできている」「この国には企業を救う仕事が必要だ」この思いから、1957年10月16日に「田辺経営相談所」を創業。日本の経営コンサルティングのパイオニアとして60年以上、その精神と使命は脈々と受け継がれ、「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社」を創造する活動へと続いています。

配信元企業:株式会社タナベ経営

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ