8日夜に行われた東京オリンピック閉会式は、東京スカパラダイスオーケストラの演奏で様々なパフォーマーが登場し、リフティング縄跳びけん玉スケートボードが演じられた。この演出は「東京の昼下がりの公園」の様子を再現したものだという。続いて佐藤健作氏による日本の和太鼓演奏、ダンサーアオイヤマダさんのソロダンス東京音頭などが披露されたが、東京で生まれ育った放送作家でタレントの高田文夫(73)はラジオ番組で、この東京音頭が「一番恥ずかしかった」と語っている。

9日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(ニッポン放送)で、高田文夫は「なんだかんだ、見ちゃったよね」と東京オリンピックが閉幕して少々寂しそうな様子を見せた。特に印象に残っているのはスケートボード女子ストリートで、日本史上最年少の五輪金メダリストの記録を更新した13歳の西矢椛選手らだという。「街中に手すり(ハンドレール)を作ってやりたい!」と言うくらい、10代が活躍する姿に感激したそうだ。スケートボードと同じく新種目の自転車競技(BMXフリースタイル)も、ダイナミックパフォーマンスに引き込まれたと大会を振り返っていた。

だが閉会式には納得がいかなかったようで、高田は「何なんだよ、東京音頭!」「恥ずかしかったよ、俺は」と笑いながら不満が続く。画面から“ヤートナ、ソレ、ヨイヨイヨイ”と聞こえてきた時は、「頼むからやめてくれ!」「これ、世界に発信したのか」と東京の人間として顔が赤くなるほど、この東京音頭が一番恥ずかしかったそうだ。東京スカパラダイスオーケストラの演奏中にCreepy NutsのDJ松永が登場した時は一瞬期待したが、「あとちょっとどんくさかったな、みんな」というのが高田の閉会式の感想だ。

ネット上では「なぜここで東京音頭だったんだ?」「東京音頭! やめてくれ、恥ずかしい!」「演出が盆踊り東京音頭って何か昭和」など高田と同じ感想を持った方も多いようだが、一方で「会場が唯一盛り上がったのって東京音頭」「東京音頭は選手も踊ってて良かった」「コロナ禍夏祭りが中止だから、久しぶりの盆踊り東京音頭は良かった」、そして「閉会式では東京音頭大合唱! ヤクルトファンはたまりませんわ笑」と閉会式では東京音頭が一番感動したという声も見受けられる。1年延期や無観客開催となった異例ずくめの東京オリンピックだが、日本選手団は史上最多58個(金27、銀14、銅17)のメダルを獲得。17日間の熱戦に幕が閉じられた。

画像は『ラジオビバリー昼ズ 2021年8月9日Twitter「#高田文夫 と #松本明子ラジオビバリー昼ズ」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト