伝説のミュージカルスティーブン・スピルバーグ監督が映画化した『ウエスト・サイドストーリー』の日本公開日が12月10日に決定。併せて、名曲「Somewhere」にのせた予告編が解禁された。

【動画】『ウエスト・サイド・ストーリー』予告編

 1957年にブロードウェイミュージカルとして誕生した『ウエスト・サイド物語』は、翌年にトニー賞2部門に輝き、1961年には映画化され、作品賞を含むアカデミー賞10部門を受賞。シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』をベースにした物語に込められた“異なる立場を越えて、私たちは手を取り合えるのか?”という問いかけは、不朽の名曲とセンセーショナルなダンスと共に世界中を感動で包み込んだ。

 そんな伝説の作品を自身の手で映画化することを長年夢見ていたというスピルバーグ監督。本作は同監督初のミュージカル映画となる。

 主人公トニー役を務めるのは『ベイビードライバー』で注目を浴びたアンセル・エルゴート。また、トニーと恋に落ちるマリア役には、3万人のオーディションから新人レイチェル・ゼグラーが抜てきされた。さらに、1961年の映画版でシャークスのリーダーの恋人アニータを演じてアカデミー助演女優賞を受賞したリタ・モレノもトニーの良き理解者として出演する。

 物語の舞台は1950年代のニューヨーク。マンハッタンのウエスト・サイドには、夢や成功、そして自由を求める多くの移民たちがいた。しかし、差別や偏見による社会への不満を抱えた若者たちは、やがて仲間と集団を作り激しく敵対し合っていく。ある日、ジェッツと呼ばれるチームの元リーダートニーは、対立するシャークスのリーダーの妹マリアと出会い、一瞬で引かれ合う。ふたりの禁断の恋が、多くの人々の運命を変えていくことも知らずに…。

 予告編は、舞台であるニューヨークの街並みから始まる。敵対するチーム、ジェッツとシャークスの一触即発の対面シーンはもちろん、ジェット団の元リーダートニーシャーク団のリーダーの妹マリアダンスホールで出会うシーンなど、物語を代表する場面も。予告編の中で流れる名曲「Somewhere」には、そんな異なる立場の者同士が手を取り合うことができるのか? という本作のテーマが反映され、対立するグループの中で引かれ合う2人の主人公にもきっと安らげる居場所があるはずという思いが込められている。そのほかミュージカルらしい華やかで躍動感のあるダンスシーンも垣間見ることができる。

 映画『ウエスト・サイドストーリー』は12月10日より全国公開。

映画『ウエスト・サイド・ストーリー』場面写真 (C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.