劇場版交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューションシリーズラストを飾る「EUREKA交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」が2021年11月26日(金)に公開決定! 特報映像第3弾、キービジュアルあらすじなど、最新情報が一挙公開されました。

劇場版「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」特報第3弾より

物語の舞台は前作「ANEMONE」から10年後で、特報では大人になったエウレカやアネモネの姿を確認できます。世界に大きな混乱をもたらした元凶としてエウレカの死を願うものや、対象的にエウレカを信じる新たな"EUREKA"アイリスの言葉が、スピード感あふれる戦闘シーンとともに描かれています。

主人公エウレカ役は引き続き名塚佳織さんで、アイリスを守る覚悟と決意を持つ大人の女性となったエウレカを熱演します。アイリスドラマやCMなどで子役としても活躍する遠藤璃菜さんが演じ、贖罪の日々を送るエウレカを見守るアネモネを小清水亜美さん、世界を滅ぼすテロを仕掛けるデューイ・ノヴァクを山寺宏一さんが演じます。

イントロダクション

2017年秋より開幕した劇場版交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューションシリーズは、エウレカ魂の軌跡を、レントンとアネモネという彼女の人生を変えた人物の視点から描いてきた。第1作『ハイエボリューション1』で描かれたのは、少年レントンの視点から見た2人の出会い。第2作『ANEMONE』では、消失してしまったレントンと再会するため、何度も世界の創造と破壊を繰り返すエウレカを、少女アネモネが悲しみの淵から引きずり出す物語だった。

シリーズ完結作となる本作では、タイトルの通りエウレカの最後の旅路が描かれる。世界中から憎まれ、孤独に生きて贖罪の10年を過ごしたエウレカ。そんな彼女が出会ったのは、スカブコーラルを生み出す能力を持つアイリスという少女だった。力を失った元少女エウレカと、自分の力を恐れる少女アイリスの運命の出会い。エウレカは自身の能力を恐れる彼女に過去の自分を重ね、アイリスを守る決意をする。本作ではアイリスと共に歩む、エウレカの最後の旅路が描かれる。エウレカの旅路の果てに待つのは、「少女の終わり」と「少女の始まり」。そこには「HI-EVOLUTION」が切り開いた未来が広がっている。

あらすじ

エウレカが作り上げたスカブコーラル(珊瑚状の情報生命体)の中の仮想世界。その崩壊とともに、仮想世界の人々がこの地球に姿を現して10年が経過した。この"大融合"の結果、仮想世界の人類は「グリーンアース」を、旧来の地球人類は「ブルーアース」を名乗り、水面下でさまざまな衝突を繰り返すことになった。そしてグリーンアース軍の高官デューイ・ノヴァクは、自分たちの尊厳を守るため、仲間とともに決起し、大規模なテロ計画をついに実行へと移す。

混乱の元凶として世界中から憎まれるエウレカは、国連の独立師団無任所部隊A.C.I.D.(アシッド)の上級戦闘員となっていた。この世界を平和に保つために生きる。それがエウレカの選んだ贖罪の道だった。そんなエウレカに、スカブコーラルを操る能力を持つ新たな"EUREKA"、少女アイリスを保護する命令が下る。最初は対立するばかりだった2人は、孤独な逃避行を通じて、次第に互いのことを理解していく。やがて世界が危機に直面した時、エウレカは極限まで自らの力を振り絞って戦う。「アイリスとこの世界を守りたい」。エウレカの願いの果てに待つ未来とは――

エウレカ・サーストン

"大融合"とともにスカブコーラル(珊瑚状の情報生命体)を生み出す能力を失い、普通の人間となった。現在は独立師団無任所部隊A.C.I.D.所属の上級戦闘員。かつての自分と同じ能力を持つアイリスを保護する任務を命じられる。

アイリスマッケンジー

スカブコーラルを生み出し操る能力を持つ、新たな"EUREKA"。能力を発揮しはじめてしまったことでグリーンアースに誘拐されそうになるが、エウレカに救出される。

■石井・風花・アネモネ

独立師団無任所部隊A.C.I.D.の機動部隊ブエナビスタ隊隊長。10年前、地球に出現したスカブコーラル"エウレカセブン"の中心核で父親の仇であるエウレカと出会い、自分たちの世界に連れ出してきた。

■デューイ・ノヴァ

"大融合"以前よりブルーアースへ転移していたグリーンアースの軍人。大融合の際に特殊能力を獲得し逃亡する。"世界"のあり方に疑念を持ち、仲間とともに決起。グリーンアースの創造主エウレカに執着を見せる。

■ホランドノヴァ

デューイの弟。かつては特務部隊ゲッコーステイトのリーダーだったが、大融合後の新体制下でグリーンアース軍のパイロットとなり、様々な任務についている。兄・デューイのことを心配している。

■タルホ・ノヴァ

グリーンアース軍の統合幕僚本部大佐。ホランドパートナーで現在は男児を妊娠中。

チャールズビーム

レントンの養父。グリーンアースの軍人で、デューイ派のひとり。

■レイ・ビーム

レントンの養母で軍人。レントンがこの世からいなくなった原因であるエウレカを恨んでいる。

■ニルヴァーシュZ

"エウレカセブン"の崩壊と時を同じくして相模湾上に姿を現した巨人。崩壊跡地から現れたシルバーボックス(巨大赤色移動体)と戦っているところを、ラブレスの特殊物質で硬化され、「キビシス」として幽閉軌道に打ち上げられた。だが10年の時を経て、デューイの作戦でその封印が解かれることとなる。

ラブレス

ニルヴァーシュZとシルバーボックスを特殊物質で行動不能にし、世界を守った巨大ロボット。かつては"ニルヴァーシュX"として人類を攻撃していたが、"大融合"の後に統合政府軍へと編入された。

エウレカ・サーストン役 名塚佳織さんのコメント

最後の旅が始まります。これまで、さまざまなエウレカの人生を共に歩ませていただきました。苦しいことも悔しいことも、楽しいことも幸せなことも色々経験してきた彼女ですが、まだまだ知らないこと分からないことはたくさんあり、今作でも悩みながら一筋の光を信じ懸命に突き進んでいます。相変わらず子供な部分も多く、完璧な存在ではありませんが、彼女ならではの葛藤や想いを受け止めてもらえたら嬉しいです。

アイリス役・遠藤璃菜さんのコメント

アイリスを演じるにあたって、意識したことは子供らしさです。自分の思っていることを素直に出す子なので感情表現が豊かな子供だということを特に意識して演じました。そこがアイリスの魅力で可愛いところです。少しずつ心を開いてく中で『同じエウレカ』としてお互いを理解し信頼し合える関係になれたのだと思います。そのエウレカとの距離感が観てくださる方に伝わったら嬉しいです。

【アネモネ役・小清水亜美さんのコメント

劇場版3部作で、2部、3部にアネモネ役で出演させていただきました。15年の時を経てまた同じ役を演じられること、とても嬉しく、とても楽しかったです。今回の劇場版シリーズは同じ役ではありますが、TVシリーズとは生まれも育ちも異なります。それに伴い演技プランを人格構築からやり直しのぞみました。そのため、アネモネを通して新しい世界、新しいエウレカの姿を見せていただきました。人生が、運命が、少し違うだけで全てが変わる。生きるうえで常に選択肢を選び続ける私達も、もしかしたら別の世界があったのかもしれない。だとしても、今が1番幸せで、これでよかったと思える未来を作れるのも今の自分自身。今回の劇場版はそんな事を教えてくれた気がしています。この15年間、TVシリーズ時代から見た未来である今が皆様にとってキラキラ輝いていますように!

劇場版「EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」ポスタービジュアル/(C)2021 BONES/Project EUREKA MOVIE