https://soreyuke.tv/post-30365/

2021年は、日清食品グループカップヌードルが発売されてから50周年を迎える年ということです。
記念すべき今年に放送されたテレビCMが「カップヌードル 8つの味 篇」でした。9分割された画面の中央には女優の南沙良さんが「好きな味をひとつ選んでこうやって(指で円をつくって覗く)見てね!では、スタート!」とCMの紹介をし、囲むようにカップヌードルの8つの商品それぞれをアピールする映像が流れるという斬新なCMでした。皆さまの中にも印象に残っている方が多いのではないでしょうか。
このたび、20~40代・全国の男女を対象として、日清「カップヌードル」-8つの味 篇-視聴者の購買したカップヌードルの種類を、年代および関東と関西のエリア別で分析いたしました。
※分析対象のテレビCMは、日清「カップヌードル」-8つの味 篇-です。
  • 関東と関西でCM効果に違いはあった?~20代 篇~

視聴区分:Total視聴 (ライブ視聴+録画視聴)
CM検証期間: 2021年5月21日(金)~6月10日(木)
購買検証期間:2021年5月21日(金)~6月24日(木)
CM接触者: CM視聴回数1回以上
CM非接触者:CM視聴回数0回以下

このたびの分析では、CMを見ていない人(CM非接触者)に対するCMを見た人(CM接触者)の購買リフト値で評価しております。
8つの味のうち最も購買リフトが高かった商品は、関東エリアでは「カップヌードル 塩」、関西エリアでは「カップヌードル 味噌」ということが分かりました。同じCMを視聴した20代でも、関東と関西というエリアの違いで、購買意欲が促進された商品が異なる結果となりました。

CMのクリエイティブに着目してみると、「カップヌードル 塩」では、画家ヨハネス・フェルメールの有名な絵画「牛乳を注ぐ女」や「真珠の耳飾りの少女」などの素材を使い、他の7種類とは一風異なる雰囲気を醸し出して印象に残る内容になっておりました。
一方、「カップヌードル 味噌」では特徴的なファッションで有名なミュージシャンジャガーさん」が登場し、「カップヌードル 味噌」のイメージカラーと同様なオレンジのヘアカラーがインパクトを残しています。

関東と関西ではそもそも味に対する嗜好性の違いがある可能性もありますが、クリエイティブに対する着目点も異なるのかもしれません。

次は30代の結果を見てまいります。
カレーヌードル」は、これまでに登場しているクリエイティブとひと味異なります。そのクリエイティブは、イメージカラーである黄色の背景に人形のシルエット吹き出しで喋るという、文字のインパクトが強いCMでした。訴求されている内容は、「カレーヌードルは他の味にくらべて5倍のコストがかかっていてお得」という、思わず買ってしまいたくなるような情報が文字のみで表現されています。他の7種類に対してシンプルクリエイティブが、かえって印象に残った可能性があります。
最後は40代を見てまいります。
  • 関東と関西でCM効果に違いはあった?~40代 篇~

視聴区分:Total視聴率(ライブ視聴率+録画視聴率)
CM検証期間: 2021年5月21日(金)~6月10日(木)
購買検証期間:2021年5月21日(金)~6月24日(木)
CM接触者: CM視聴回数1回以上
CM非接触者:CM視聴回数0回以下

関東エリアでは20代と同様「カップヌードル 塩」が最も高く、関西エリアでは「カップヌードル」という結果になりました。これまで「カップヌードル」は登場していませんが、関西エリアの40代の購買意欲を促進していたことがわかりました。
そのクリエイティブは、カップヌードルアップから徐々に全体が映されていき、プロレスリングに立つ「カップヌードル大帝」というキャラクターが登場するという構成でした。カップヌードルシリーズ絶対王者であることを示すような「カップヌードル大帝」というキャラクターに思わず興味を抱いてしまう、インパクトの強いCMでした。

今回の分析結果を振り返ってみます。同じCMクリエイティブで8つの味を訴求した場合、購買意欲を促進できた商品は、エリア別でも年代別でも異なってくることがわかりました。CMといえば、一つの商品を訴求するものと考えてしまいがちですが、目からウロコの結果となったのではないでしょうか。

ソレユケテレビ探偵団では、生活者のみなさまに商品を訴求するためにはどうしたらいいのか、これからもますます検証を重ねてまいります。

随時、CM分析のリクエストを受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
・記事URLhttps://soreyuke.tv/post-30365/


<関連記事> ・記事URLhttps://soreyuke.tv/post-26026/

テレビにまつわる「気になる」を調査してレポートでお届け!
ドラマスポーツバラエティアニメ・映画などのテレビ視聴分析や、テレビCMの調査結果をご紹介。
TwitterFacebookInstagramのフォローもよろしくお願いします。

ホームページ:https://soreyuke.tv

Twitterhttps://twitter.com/SoreyukeTV
Facebookhttps://www.facebook.com/SoreyukeTV
Instagramhttps://www.instagram.com/soreyuke.tv/

企業からの問い合わせ
https://mk.ccc.co.jp/inquiry/business/

CCCマーケティングデータソリューション、TV視聴分析の詳細はこちらから。
TVの視聴傾向を詳細な粒度で分析レポーティングが可能です。
https://www.cccmk.co.jp/services/data

CCCマーケティングでは、セキュリティ上厳重に管理された環境のもと、個人を特定できない状態でマーケティング分析を行っております。
※本コラムに記載された商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。


配信元企業:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ