ホットリンクグループで、中国を中心とする消費者ビッグデータベースクロスボーダーマーケティング及び越境EC事業を行う株式会社トレンドExpress東京都千代田区、代表取締役社長 濱野智成、以下:トレンドExpress)は、世界で国外渡航制限が続く中、中国国内需要を取り込み急成長する“免税爆買いスポット”中国・海南島について、トレンドExpress独自のSNS分析や定性調査、公開データをもとにまとめた調査レポート「魅惑の海南島白書」の販売を開始いたしました。
※プレスリリースPDFはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d2235-20210809-961e16eb66476a0ccc42186343538604.pdf

海南島は、海外旅行に自由に行けない現在の環境下において、免税消費のホットスポットとして高い注目を集めています。2020年7月の離島免税制度の改訂で、その熱量は決定的なものとなり、世界各国のブランドメーカーが需要取り込みに動いています。訪日インバウンドの復活が見通せない中、日本企業にとっても、中国消費者からのブランド認知獲得・売上拡大にむけて、ビジネスチャンスを模索すべき重要エリアと言えるでしょう。
本レポートを通じて、海南島免税市場への理解を深めていただき、中国事業ならびにトラベルリテール事業のマーケティング戦略策定の資産としてご活用いただければ幸いです。
(「魅惑の海南島白書」企画・制作チームリーダー・監修者)
世界中のブランド企業から注目される海南島について、離島免税政策の概況や今後の成長性を、さまざまなデータをもとに俯瞰的に解説しています。加えて、島内最大の免税店であり世界有数規模の「三亜国際免税城」に焦点を当て、施設内のブランド動向や消費者評価を、SNS分析を交えて考察しました。多様化する海南島免税購買者のペルソナも定義しています。中国政府の政策後押しもあり、海南島から中国本土(市中免税)にも拡大が見込まれる「中国免税」の実態把握と、盛り上がりを見せる消費者動向の正しい理解に、是非本レポートをお役立てください。 【主な収録内容】
I 海南島あるある

海南島の概況(地理、人口、消費水準)、海南島に関する話題のSNS分析(訪問目的、観光・買い物事情)
II 海南島の免税事情
海南島免税の売上実績推移、政策変遷、免税店の概況、海南島免税に関するSNS分析(評価・人気ブランド
III 主役である三亜国際免税城
「三亜国際免税城」の売上実績推移、概況(フロア構成、優遇政策、優位性など)、「三亜国際免税城」に関するSNS分析(人気ブランド)、2020年7月の免税政策改訂前後の「三亜国際免税城」訪問者の特徴・変化
IV 三亜国際免税城のポジショニング
「三亜国際免税城」の消費者評価、「三亜国際免税城」の競争力分析(価格、製品ラインナップ、競合店舗比較など)
V 海南免税爆買いが引き起こす連鎖反応
海南島免税消費者の意識・行動変化に関するSNS分析・ペルソナ分析、中国免税市場に関する考察、今後の見通し

【形態】PDFファイル(約50頁)
【提供価格】50万円(税抜)

レポートの申込受付はこちら https://www.trendexpress.jp/document/hainan_island_202108/
※注意事項
・レポート代金の支払方法は請求書払いのみとなります。お支払い方法を申込者様にメールにてご連絡いたします。
・レポートの複製及び、自己または第三者の営利を図る目的で転売・貸与することを禁止します。
ダウンロード後のレポートの返品はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。
広告代理店、PR会社等、同業他社様にはご遠慮いただいております。また弊社所定の審査を行っております。審査結果によりご希望にそえない場合もございますので、予めご了承ください。

トレンドExpressでは、ソーシャルビッグデータ(クチコミ)から分析した消費者インサイト(潜在ニーズ)に基づいたプロモーションや越境EC支援事業、Webメディア運営を行っています。原則として、ご提供する施策の前後でクチコミ分析を実施することで、一過性にとどまらない、筋道立った、マーケティングのPDCAサイクルの運用を実現しています。
https://www.trendexpress.jp/
所在地:東京都千代田区富士見一丁目3番11号 富士見デュープレックスビズ 5階
代表取締役社長:濱野 智成(はまの ともなり)
事業内容:
(1)世界各国のソーシャルビッグデータを使ったマーケット調査・分析
インバウンド消費に関する需要予測
・海外消費者のインサイト分析
・企業のブランド調査・競合調査
マーケティング戦略策定分析等
(2)ソーシャルビッグデータ分析を基にしたPR及びプロモーション
(3)中国向けマーケティングメディア 「中国トレンドExpress」( https://cte.trendexpress.jp/blog/ )の編集・発行
(4)越境EC支援(販売、CS対応、物流、プロモーション、「越境EC X(クロス)」の運営)

【主な沿革】
2021年2月 「抖音(Douyin)」などの配信サービスを提供するプラットフォーOceanEngineJapan2021年度「認定代理店制度」にて、日本企業唯一となる最上位格「ダイヤモンド」を受賞
2020年11月 インバウンドに代わる日本ブランドと中国消費者の接点作りを支援する、中国消費者へのお試し品配布サービス「意中盒(イーヂョンフー)」発表
2020年9月 代表の濱野が「NewsPicks NewSchool」新講座「ニューチャイナマーケティング」のプロジェクトリーダー(講師)に就任
2019年12月 中国企業のM&Aを発表(自社中国100%子会社と協業先企業を経営統合)
2019年10月 日本郵政キャピタルをリード投資家としたシリーズBラウンドの7億円の資金調達計画を発表
2019年7月 中国内陸部・長沙市の小売ブランド「SN’SUKI(エスエヌ スキ)」運営企業と提携
2019年5月 ソーシャルバイヤーの販売活動支援アプリWorld X」発表
2019年2月 中国消費者向けに動画コンテンツを制作し、SNSで拡散するサービス「トレンドMOVIE」発表
2018年11月 ソーシャルバイヤーと日本企業の大規模商談会イベントソーシャルバイヤーEXPO」初開催
2018年4月 中国のソーシャルコマース「微店(ウェイ ディエン)」運営企業と提携し、「越境EC X(クロス)」発表
2017年11月 Draper Nexus Venture Partners II, LLC(カリフォルニア州サン・マテオ)ほか2社を割当先とした、1.8億円の第三者割当増資を実施
2017年2月 中国のSNS上のクチコミ分析を活用したプロモーションサービス「トレンドPR」発表
2017年1月 株式会社ホットリンクから分社化
2015年11月 株式会社ホットリンク(東証マザーズ3680)の新規事業として立ち上げ

配信元企業:株式会社ホットリンク

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ