個人向け銀行ローンマッチングプラットフォームを提供するクラウドローン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:村田大輔)は、オンライン自動車ラットフォーム「モタガレ」を運営するMiddleField株式会社(本社:東京都世田谷区 代表取締役中山翔太)との業務提携を開始しました。

本取り組みを通じ、車両パーツの購入から整備に必要な費用を、クラウドローンが提供する銀行マイカーローンとのマッチングにより、オンライン完結で負担の小さなローン選択し、利用することができるようになります。

■背景
従来、車両自体の購入については、各社メーカー等の販売者が提携するディーラーローンがあり、いつでも分割払いが利用できるようになっておりますが、パーツの購入や整備の費用については、中には高額な商品があるものの独自ローンを提供している会社は殆どありません。

一方で、銀行が提供するマイカーローンの場合では、車体だけでなく、パーツの購入から、カスタムなどの整備費、車検に必要な費用まで、対象が幅広く低金利で利用できるのが特徴です。




そこで、アフターパーツの提携ブランド1,500以上も保有する「モタガレ」を利用するお客様に、ローン選びでも正しい選択がオンラインで解決できるように、クラウドローンマッチング機能でファイナンスサポートする機能を提供することになりました。



クラウドローンとは

クラウドローンは、貸し手である銀行と借り手である個人を、オンラインでつなぐマッチングプラットフォームです。提携の銀行から直接融資の提案を受け取ることができ、自身にピッタリのローン選びができる国内初のサービスです。
サービスサイト:https://crowdloan.jp/


■今後について
昨今のコロナ禍において、個人消費のあり方が変化し、車の購入のオンライン化、在宅時間を利用したオンライン学習や、美容医療などの自由診療も増加しています。

一方、貸し手である銀行でもDXが推進され、手続きがオンラインで完結できる商品が増えてきました。
個人消費もローンの利用方法もニューノーマルな時代にすでに突入しています。

しかしながらローン利用者が最適なローンを比較しながら選択できる仕組みは、まだ存在しません。その結果、ローン利用者は高い金利で契約してしまうなど、負担を強いられている状況が続いていました。
クラウドローンでは、銀行からの成約確度の高い提案をもとに比較検討ができるため、手間なく最適なローンを選択することが可能です。

まもなく、クラウドローンでは、銀行保証審査業務を担うオリエントコーポレーションとの提携をスタートします。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000051213.html
希望額に対し、ローンを利用できるか否かの判断を早期に実現することで、ローンの事前承認であるPre-approval化を実現させます。

今後も、積極的に金融機関の参画を増やすことで、利用者の選択肢を増やし、より自分に合った銀行ローンを選択できるサービスの実現を目指します。


事業提携パートナーの募集
クラウドローンは、今後も参画していただける加盟店・事業提携パートナーを募集しています。
お問い合わせ先:https://corp.crowdloan.jp/#contact

MiddleField株式会社

代表者 :代表取締役 中山翔太
本店所在地 :東京都世田谷区駒沢2-16-18ロックダムコート4F
設立 :2015年12月
事業内容 :自動車総合プラットフォーム「モタガレ」運営
WEBメディアMOTORZ」運営
URLhttps://motorz-garage.com/
https://motorz.jp/


クラウドローン株式会社
「経済的に物事を選択する自由と、融資において情報格差のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、2020年1月より日本初の銀行提案型ローンマッチングプラットフォーム「クラウドローン」を提供開始。
2021年2月 国内企業で唯一、東京金融賞 (東京都が主催するピッチコンテストで、世界中から90社を超えるフィンテックスタートアップが参加)で第3位に入賞。

クラウドローンを通じて、銀行ローンの借り手と貸し手をつなぎ、すべてのひとをお金の悩みから解放し、経済的に自由に人生を選択できる社会の実現を目指す。

代表者 :代表取締役 村田 大輔
本店所在地 :東京都新宿区西新宿8-1-2PMO西新宿6F
設立 :2018年7月
事業内容 :ローンマッチングプラットフォーム「クラウドローン」運営
URLhttps://corp.crowdloan.jp/コーポレートサイト)
https://crowdloan.jp/ (サービスサイト)

配信元企業:クラウドローン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ