サガン鳥栖は10日、鹿島アントラーズのMF小泉慶(26)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「37」となる。

小泉横浜F・マリノスの下部組織出身で、流通経済大学付属柏高校へと進学。2014年アルビレックス新潟へと入団した。

新潟で4シーズンを過ごした小泉は、2018年柏レイソルへと完全移籍。2019年途中に鹿島へと移籍した。

これまでJ1通算183試合出場6得点、J2通算1試合に出場。鹿島では右サイドバックボランチ、トップ下でプレー。今シーズンもここまで明治安田J1で17試合に出場していた。

小泉は両クラブを通じてコメントしている。

サガン鳥栖
「初めまして、鹿島アントラーズから加入することになりました小泉慶です!」

「口でどうこう言うよりピッチの上で鳥栖が勝つため、日々の練習、練習試合、試合ですべてを出して戦いたいと思います。よろしくお願いします!」

鹿島アントラーズ
「これからファンサポーターの方々も含め、チーム一丸となって後半戦が始まるという中で、移籍という決断をしてもいいのか凄く悩みました。このまちも人も含め、僕は鹿島アントラーズが大好きになりました」

「ただ、このタイミングで挑戦しないと後悔すると思い、移籍することを決めました。急なタイミングで申し訳ないと思っています」

「これまで応援してくれたファンサポーターパートナー、地域の方々、そして日々ともに戦ったチームメイトスタッフには、本当に感謝しかありません。また試合で会えることを楽しみにしています。ありがとうございました!」

8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像