Snow Manの佐久間大介が10日、都内で行われた3DCGアニメーション映画「白蛇:縁起」の大ヒット御礼舞台挨拶に、声優の三森すずことともに登壇した。



追光動画とWarner Brothersが共同制作したフル3DCGアニメーション映画で、2019年1月に中国で公開し大ヒットした本作。人と妖怪の境遇を乗り越える真実の愛と、時空・前世を超えても途切れることのない壮大なラブストーリーは中国全土を魅了した。


ヒット御礼と銘打った舞台挨拶に登壇しての感想を求められると、人間でありながら白蛇の妖怪である白を愛する主人公・宣の日本語吹き替えを担当した佐久間は「めちゃめちゃ嬉しいですね。いろんな方から見てくださったと教えていただいて、すごく嬉しいですし、収録を終えたときにすずこ姉さんが『大ヒットしたらいいね』って言っていて、『絶対にさせましょう!』って言っていたんですけど、本当にそうなってくれてよかったなと思います。みなさんありがとうございます」と感謝し、「やっぱり言えば叶うもんだなと思いますね。言霊って大事だなと思います」とニッコリ。


数百年の修行で人間の姿に変化している白蛇の妖怪で、人間の男を愛してしまった白蛇伝のヒロイン・白の日本語吹き替えを担当した三森は「佐久間くんのパワーもあるから大丈夫だとは思っていたんですけど、初日が近づくにつれドキドキしていたので、こうやって公開されてたくさんの方に来ていただいて、本当に嬉しいです」と笑顔を見せ、「上映館の座席がどれくらい埋まっているか見ちゃって(笑)、“えっ、全部空いてる…”と思ってドキッとして、“じゃあ私1人でもいいから見に行こう”と思ってポチッとしたら、全部埋まっていたんですよね。嬉しかったです。本当にありがとうございます」と声を弾ませた。


また、公式Twitterの企画で感想を募集したところ、25,000件以上の感想が届いたそうで、『初めは宣の声を聞いて“佐久間くんだ、すごい!”と思っていたら、次第に佐久間くんの声であることを忘れるほど宣そのものだった』などと、佐久間吹き替えを絶賛する声を聞いた佐久間は「嬉しいですね。僕の声がどうとかじゃなくて、ストーリーに没頭してくれていて、役者冥利に尽きるというか、やっぱり僕自身が表に出ることがあるので、それが先行する方がいると思うんですけど、1番はストーリーに入り込んでもらって、僕って存在が邪魔しない状態で見てもらいたいなと思っていたので、それを受け取ってもらえていてありがとうございます」と感無量な様子でコメント


これに、三森は「実は今朝、劇場に観に行ったんですけど(笑)、物語が進んでいくごとに、佐久間くんが演じているのはもちろんわかっているんですけど、そんなことは遠い彼方に消えて行ってしまって、そこに宣が存在しているだけというか、あの世界の中で宣が生きている感じが伝わってきて、アニメに出るってこういうことなんだって思いました」と佐久間を賞賛し、「自分の役って見ていても“もうちょっとこうしたかったな”とか反省点が出てくるんですけど、ほかの方が演じている分は本当にそのキャラクターがイキイキとして、本当に生きているみたいに感じるので、すごく素敵だなと思いました」と吐露した。


さらに、Snow Manが担当した主題歌『縁−YUAN−』(読み:ゆえん)について『歌詞が場面やセリフと結びつくことがわかって、感じ方も変わるし二度美味しいなと思いました』などとの声に、佐久間は「“『縁−YUAN−』はいつ流れるんだろう”って感じなんですけど、そこは焦らしもあったのかなと思いますし、余計に歌詞がスッと入ってくるというか、やっぱりこの作品の世界観を大事にして作られた楽曲なので、リンクしているし、僕も先に知った上での収録だったので、気持ちが入りながら歌っていましたね。それが届いたんじゃないかなと思います」としみじみと語り、三森が「めちゃくちゃいい曲ですよね。初めて聞かせていただいたときに全身鳥肌でした。これがエンドロールで流れるんだって思ったら、パズルの最後のピースがぴったりハマったみたいな感じの気持ちよさがありました。MVもいいですよね」と目を輝かせると、佐久間は「ぜひミモリアン(三森のファン)にも聞いてもらいたいですね」とアピールした。



【別カット佐久間大介:かがんで…


締めのメッセージを求められた佐久間は「僕は初めての経験がいっぱいあって、W主演という形ですけど、素敵で強力なキャストのみなさんが支えてくれたからこそ、僕は主演という形で立てたのかなと、改めて映画館に見に行って感じたので、みなさんに感謝しつつ、今度なにかあったときには僕が引っ張れるような存在になれたらいいなと思いました」と言葉に力を込め、「これは“佐久間の始まりの作品”と今後語り継がれると思うので、僕が勝手に語りますけど(笑)、なのでぜひどこも見逃さずに何回も見てもらって、語り合えるくらい好きになってくれたらいいなと思います」と語った。


そして、アニメが好きで「(レコーダーの)ハードディスクが足りない」と嘆いていた佐久間は、三森から「テレビアニメでもご一緒したいですね」と声をかけられると、「テレビアニメに出たいなあ。今これを見ているアニメ製作会社の方、よろしくお願いします。佐久間、声優オファーをいつでも待っていますので。記者のみなさんも大きく書いてください」とお願いした。


なお、1人で映画館に行き、本作を見たという佐久間は「お昼の時間だったらバレないかなと思って、ど真ん中で見ました。プレミアムシートのど真ん中で。でも劇場を出たときに気づかれて、『いつから気づいていたんですか?』って聞いたら、『入ってきたときにそうかなって』ってバレていましたね。それを杉田(智和)さんに報告したら『1人で行ったの?強いなあ』って言われました(笑)」とエピソードを明かし、「今度は杉田さんをお誘いして2人で行こうかなと思います」と願望を明かした。


【画像】写真をもっと見る(全12枚)



ドワンゴジェイピーnews