メイン画像

10日、東京都心では今年初めて、最高気温が35℃以上の猛暑日になりました。そんな中、北海道付近には秋の涼しい空気が流れ込み、札幌市の最高気温は20℃に届きませんでした。

関東は猛烈な暑さ 一方で北海道には秋の空気

10日、台風9号から変わった低気圧が東北地方を通過中です。本州付近は暖かい空気に覆われました。特に関東地方では、気温の上がり方が顕著で、15時までの最高気温は、全国で最も高かったのは東京都八王子市で39.0℃、次いで練馬区の37.9℃でした。茨城県日立市では37.0℃で、統計開始の1978年以来、8月の1位の値を更新しました。東京都心は36.8℃、横浜市は35.1℃で、いずれも今年初めて、35℃以上の猛暑日になりました。
そんな中、北海道付近には、比較的冷たい秋の空気が流れ込みました。15時までの札幌市の最高気温は18.4℃で未明に観測しました。日中の気温は16℃前後で経過しました。札幌で8月に最高気温が20℃に届かなかったのは、2018年8月16日、17日以来、3年ぶりです。

11日も関東など猛烈な暑さ 北海道は来週初めに暑さ戻る

11日の最高気温は、関東では35℃以上の所が多いでしょう。東海や北陸、近畿も35℃くらいまで上がる所が多い見込みです。北海道では、20℃を少し超えるくらいの所が多く、9月中旬から10月上旬並みでしょう。ただ、北海道では、来週初めは再び夏の暑さに戻りそうです。

東京都八王子39℃など関東は猛烈な暑さ 北海道には秋の空気 札幌20℃に届かず