東京オリンピックが終わったが、やはり本番直前のドタバタ劇は痛かった。開会式の音楽を担当していたミュージシャン小山田圭吾が過去のイジメ告白で批判を浴び、辞任。さらに同じく開会式の演出を手がけていた小林賢太郎は、過去に「ユダヤ人大量虐殺」をやゆするコントを制作していたことが分かり電撃解任された。
 
 芸能界には、そんな直前での辞任、辞退騒動は過去にもある。北島三郎と山本譲二は1986年の『NHK紅白歌合戦』の出場直前、暴力団新年会に出ていたことが明らかになり、本番2日前の12月29日に辞退に追い込まれた。

 ​>>峰竜太、小山田圭吾問題に「まず開会式見ましょう」発言で批判 「見たくないから問題」指摘の声も<<​​​

 NHKは代役として鳥羽一郎と角川博を抜擢したが、鳥羽が辞退を申し出たため急きょ、選考段階のアンケートで上位にいたシブがき隊と29日深夜から交渉を開始。シブがき隊はテレビの仕事でハワイに滞在中だったが、なんとか連絡をとり出演OKにこぎ着けた。

 通称ショーンK、ショーン・マクアードル川上が話題となったのは2016年。同年4月から報道番組『ユアタイム〜あなたの時間〜』(フジテレビ系)の司会に登板予定だったのだが、直前の3月、「テンプル大学で学位を取得し、ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得」といった経歴がウソだと分かり、出演直前に降板している。

 ショーンKと同じように、登板直前でハシゴを外されたのが元NHKアナの登坂淳一2018年に退局後、『プライムニュース イブニング』(フジテレビ系)のキャスターに指名されたが、札幌放送局在籍時、酒席で契約キャスターの女性の体を触るなどのセクハラ行為を行ったと報じられ、こちらも辞退に追い込まれた。

 主演舞台のわずか1週間前に、息子のスキャンダルで降板することになったのは三田佳子。2000年、当時20歳だった次男が2度目の覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された責任を取り、自主降板。親がケジメを取る必要はないという論争も巻き起こったが、批判にさらされ1年間活動を自粛した。だが2007年、次男が覚せい剤所持の現行犯で3回目の逮捕となった際は、舞台は降板することはしなかった。

 冒頭の小山田、小林の例は仕方ないとしても、大小の差はあれ、スネに傷がない人間はいない。過去の言動を幼少期から徹底的に検査し、聖人のような人物しか関われないとしたら、日本のエンターテインメントは崩壊するだろう。

北島三郎