バイエルンドルトムントノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(21)に対する関心を認めている。

現在パリ・サンジェルマンフランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)と共に、次代のバロンドール候補筆頭に挙げられるハーランド

今夏の移籍市場では獲得に最も熱心と見られていたチェルシーが、インテルベルギー代表FWロメル・ルカク(26)にターゲット変更した影響もあり、現時点ではドルトムント残留が濃厚。しかし、少なくとも来夏にはメガクラブへのステップアップが見込まれるところだ。

そういった中、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(32)との現行契約が2023年に終了し、後釜探しに迫られるバイエルンは有力な移籍先候補のひとつ。

そして、ドイツテレビ局Sport 1』の番組『Doppelpass』に出演したスポーツディレクターのハサン・サリハミジッチ氏は、ライバルクラブの若きエースへの関心を認めた。

「彼は世界中がほしがっているトッププレーヤーであり、同時に素晴らしい若者だと聞いている。もちろん、我々もそのひとつだが、彼はあくまでドルトムントプレーヤーだ」

「60試合で60ゴール。そんなプレーヤーに関心を抱かないのであれば、我々は完全なアマチュアだと見なされるだろう」

8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像