女優の波瑠が主演するドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系/毎週月曜21時)第6話が今夜放送。第6話では、事故で複数の傷病者が出た工場にドクターカーで駆けつけた朝倉美月(波瑠)が、意識を失って倒れてしまう。

【写真】“朝倉”波瑠を介抱する“成瀬”田中圭 『ナイト・ドクター』第6話より

 工場の事故で複数の傷病者が出たと、あさひ海浜病院にドクターカーの出動要請が入り、本郷亨(沢村一樹)は朝倉、成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)たちを現場に向かわせる。深澤が崩れた資材置場を見に行くと、そこに重傷を負った作業員がいた。

 治療の自信がない深澤は朝倉を呼びに行き、処置を頼むことに。朝倉は作業員を助けるため資材の山を登るが、立ちくらみを起こして落下してしまった。しばらく意識を失った朝倉だが、深澤の呼びかけに目を覚まして作業員の処置を再開。しかし、全ての傷病者の搬送を終えた時、朝倉の身体に再び異変が起こる。

 本郷は、成瀬と深澤に朝倉の事故原因を尋ねる。深澤は自分が傷病者の処置を任せきりにしたことを悔やみ、成瀬も朝倉を止める事が出来なかったと責任を感じていた。

 朝倉が事故に遭ったことは病院内でも問題に。本郷はの桜庭麗子会長(真矢ミキ)、八雲徳人院長(小野武彦)に、全て自分の責任だと頭を下げる…。

 本作は、夜間救急専門チーム「ナイト・ドクター」で、主人公・朝倉美月ら年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら奮闘する青春群像医療ドラマ

 波瑠が、過酷な状況で命と真摯に向き合う若き医師・朝倉を演じ、チーム「ナイト・ドクター」のメンバーとして北村匠海田中圭、岸優太(King & Prince)、岡崎紗絵、指導医役で沢村一樹が出演する。脚本は大北はるか

 ドラマ『ナイト・ドクター』第6話は、フジテレビ系にて8月9日21時放送。15分拡大。

ドラマ『ナイト・ドクター』第6話場面写真 (C)フジテレビ