山口県長門市は、東京オリンピック7人制女子ラグビーブラジル代表チーム(愛称:YARAS)の事前キャンプの受け入れを行い、チームの練習風景やオフショットなどをまとめたハイライト動画を公開しています。
長門市は、国が推進する2020年東京オリンピックパラリンピック競技大会におけるブラジル連邦共和国のホストタウンとして登録されています。
2021年7月11日から24日までの期間、本市では本番に向けた7人制女子ラグビーブラジル代表チーム(愛称:YARAS)の事前キャンプが行われました。

新型コロナウイルスの影響で直接の交流ができない中、チームに帯同するスタッフカメラを持ち、練習風景や選手のインタビュー、市の文化や食を楽しむ場面などを動画共有サービスYouTube」やSNSに毎日投稿しました。ブラジル代表チームの選手やスタッフが、長門市での事前キャンプを楽しむようすにスポットをあてることで、チームの皆さんを身近に感じてもらえる動画となりました。

YouTube長門市観光情報チャンネル「ななび」より
感染症の影響で練習の一般公開や直接の交流が難しい中、チームに帯同するスタッフが練習風景や宿泊施設などでのオフショットを撮影し、約1分の動画にまとめています。

氷を入れた大きなバケツアイスバス」でクールダウンする選手たちや、スイカ割りを楽しむようす、誕生日を迎えた選手にサプライズでお祝いする場面も撮影しました。


明るくて陽気なブラジル代表チームメンバー長門市での時間を楽しむ姿は、市民にも笑顔と元気を与えてくれました。 キャプテンヘッドコーチへのインタビューも実施しました。長門市トレーニング環境やおもてなしに対して、感謝のことばをいただいています。
試合本番に向けてラグビーの練習を行ったのは長門市の俵山地区にある「ヤマネスタジアム俵山(俵山多目的交流広場)」です。グラウンドは天然芝と人工芝の2種類があり、しっかりと管理されています。
スタジアムの近くには、古くから湯治場として知られている名湯・俵山温泉があります。
豊かな山々に囲まれた静かな環境で、ブラジル代表チームは試合本番に向けてトレーニングを行いました。
2018年に新設されたクラブハウスは木造2階建て(一部RC造)で、ロッカールーム・医務室・トイレチームルーム・マルチメディアルーム・バーカウンターデッキテラスを完備し、選手やスタッフが快適に練習できる環境が整えられています。
長門市の中心部へは車で約20分。ブラジル代表チームヘッドコーチから、宿泊施設やトレーニングジムとのアクセスについても高評価を得ています。
ブラジル代表チームが「Amazing(すばらしい)」と評価した長門市トレーニング環境。市ではこの環境を活かしてスポーツを普及・推進していくために、今後もトレーニングキャンプや合宿などの招致を行っていく予定です。

ヤマネスタジアム俵山
https://nanavi.jp/activities/tawarayamakouryuu/
キャンプ期間中の動画や写真は長門市世界大会等キャンプ招致委員会のSNSアカウントに投稿されています。
長門市世界大会等キャンプ招致委員会Facebookページ
https://www.facebook.com/rugbynagato
長門市世界大会等キャンプ招致委員会Instagramアカウント
https://www.instagram.com/nagatorugby/
長門市観光情報チャンネル「ななび」
https://www.youtube.com/user/nagatokankovideo
長門市は本州の最西端である山口県の西北部に位置するまちです。北長門海岸国定公園に指定される美しい日本海の絶景や、長門湯本温泉をはじめとする5つの温泉郷を有しています。本市では、ラグビーをはじめとする「我がまちスポーツ」を中心とした各種スポーツの普及・推進、スポーツ合宿の招致、国際交流、アウトドアツーリズムなどの促進を行っています。
https://www.city.nagato.yamaguchi.jp/

配信元企業:山口県長門市

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ