経営コンサルティング会社A.T. カーニー(東京都港区日本代表:関灘 茂)は、本日、ネットワーク仮想化(NV)を導入するためのアプローチとそのメリットを紹介する論考「5Gネットワークの仮想化」を、同社ウェブサイト (Kearney.co.jp) で公開しました。
URL】 https://bit.ly/2VG9Cqz
“5Gに備えるということは、ただ単に顧客の導入ユースケースを把握する(自動運転、IoT等)だけではなく、それらのニーズを満たすための詳細な計画を持っておくということである。投資の効用を最大化するためには、パフォーマンスの向上・コスト最適化・高収益化を実現するソフトウェア主導のアプローチであるネットワーク仮想化(NV)を導入する必要がある。多くの専門家はNVの原理を理解しているが、ほとんどのオペレータはこれまでNVの実現に苦戦している”
…から始まる当論考は、当社グローバル・ウェブサイト(Kearney.com)で公開中の ”5G network virtualization: will you take the lead?” を、当社、通信・メディアテクノロジーラクティスのシニアパートナー 吉川尚宏、針ヶ谷武文、ならびにプリンシパル 滝健太郎の監修のもと日本語化したものです。

A.T. カーニーは、引き続きグローバルで公開された論考を日本語化し、ウェブサイトでご紹介してまいります。

配信元企業:A.T. カーニー株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ