アーセナルイングランド代表FWブカヨ・サカが宿敵トッテナムサポーターからの心温まる対応に感謝を示した。

アーセナルは8日、敵地トッテナム・ホットスパースタジアムで行われたプレシーズンマッチトッテナムとのノースロンドンダービーを戦った。

試合は韓国代表FWソン・フンミンの79分のゴールによってアーセナルの敗戦に終わったが、サカにとっては思わぬ美しい瞬間が待っていた。

この試合の63分にガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンとの交代でピッチに入ったサカ。この試合ではホームサポーターの入場が認められていたこともあり、通常であればアーセナルの選手に対してはブーイングが飛ぶところだった。

しかし、多くのトッテナムサポーターは、ユーロ2020で母国のために懸命に戦いながらも、イタリア代表との決勝のPK戦で優勝逸となるPKを失敗し、後にSNS上で人種差別被害に遭った19歳の若者への支持を示すために、異例とも言える盛大な拍手と声援で迎え入れた。

この思わぬ歓迎にやや戸惑ったサカだが、すぐに相手サポーターの意図を汲み取り、自らも拍手で感謝の気持ちを表していた。

また、同試合でトッテナムサポーターグループは、「ノースロンドンはブカヨ・サカと人種差別や差別に反対するすべてのプレーヤーと共にある」とのバナーも掲げていた。

さらに、同試合後にトッテナムの公式SNSは、「ライバル関係は別として。今日の午後の素晴らしい瞬間」とのキャプションと共に、サカの投入時のスタジアムのリアクションを映した動画を投稿していた。

そして、ライバルクラブからの心温まる対応に感銘を受けたサカは、自身の公式『インスタグラム』のストーリーに「今回の行動に大きなリスペクトを抱いているよ。ありがとう」と、感謝の思いを綴った。

シーズンの対戦時には再びライバルとして普段通り、ブーイングを浴びることが予想されるが、今回の出来事を通じてそのブーイングには対戦相手に対する敵対心だけでなく、小さな連帯感も含まれることになるはずだ。



8/13(金)ブンデスリーガ開幕!月額888(税込)で全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

サムネイル画像