全身のなかでも、脇はとくに汗をかきやすく、衣類の汗ジミが目立ちやすい部位です。汗ジミが目立つと、見た目が気になるのはもちろん、衣類の黄ばみや黒ずみの原因にもなりますので、気温や湿度が高くなる日はしっかり汗ジミ対策を行いましょう。
今回は、夏場の悩みのひとつである脇の汗ジミ対策や、汗ジミが目立ちやすい服・目立ちにくい服の特徴、汗ジミを目立たなくするインナーの選び方について解説します。


脇の汗ジミ対策として行うべきケア

汗は自分ではコントロールできませんが、事前に適切なケアをしておけば、発汗量や汗ジミの発生を抑えることができます。以下では、脇の汗ジミ予防に行っておきたいケアや対策を3つご紹介します。
■1. 制汗剤を使用する
制汗剤は、最もポピュラーな汗ジミ対策のひとつです。脇に直接スプレーしたり、薬剤を塗ったりすることで、発汗量を抑えることができます。朝の着替えのときなどに使用するのが一般的ですが、持続時間は製品や体質によって異なりますので、できれば携帯用の制汗剤を持ち歩き、汗が気になったらこまめに付け直すのがベストです。その際は、一度汗を拭き取り、脇を清潔な状態にしてから制汗剤を使用しましょう。出先で何度も付け直す暇がないという方は、持続時間が比較的長いロールオンタイプクリームタイプの制汗剤を使用するのがおすすめです。
なお、制汗剤と似た製品に「デオドラント剤」がありますが、汗そのものを抑える役割を果たす制汗剤に対し、デオドラント剤は汗による雑菌の繁殖を抑えることを目的としたものです。汗臭対策には有効ですが、汗ジミ対策が目的の場合は、汗そのものの分泌を抑える制汗剤を使用しましょう。
■2. 汗をこまめに拭き取る
衣類に染みこむ前に、汗をこまめに拭き取るのも有効な汗ジミ対策のひとつです。低刺激の汗拭きシートを使用すれば、こまめに汗を拭き取っても肌に余計な負担をかけずに済みます。肌のさらさらが持続する成分が配合された汗拭きシートを使えば、より効果的に汗ジミ対策できるでしょう。
■3. 汗取りシートを使う
脇に直接貼って発汗を防ぐ汗取りシートは、脇から分泌された汗をダイレクトに吸水できるところが特徴です。衣類に染みこむ前に汗をキャッチするので、汗ジミを未然に防ぐことができます。汗取りシートは肌色に似せたベージュ色のものが多いので、服の袖からちらっと見えても目立たないところがメリットです。
なお、汗取りシート使い捨てですが、繰り返し使いたい場合は洗って使える汗取りパッドを使うのもありです。直貼りではないので装着に手間はかかりますが、再利用できるのでコストを節約したい方におすすめです。


脇の汗ジミが目立ちやすい服・目立ちにくい服

汗ジミの目立ちやすさは、着用する服の素材や色によって差が出ます。たとえば、ベージュやライトグレーライトブルーといった明るめの色は、濡れた部分が濃く変色するので、汗ジミがかなり目立ってしまいます。また、吸水性の高い綿は、汗を吸って変色しやすいので、汗ジミが気になる方は避けた方が無難です。
一方、黒やネイビーなど、暗くて濃いめの色は、濡れた部分と乾いた部分の差が小さいので、汗ジミができてもあまり目立ちません。白色も濡れた部分がさほど目立たない色ですが、汗を放置してできた黄ばみや黒ずみが最も目立ちやすい色でもありますので、汗をかいたらすぐに洗う必要があります。
また、速乾性の高いポリエステル素材のトップスなら、シミができる前に乾くので、汗ジミ対策にぴったりです。


脇の汗ジミを目立たなくするインナーの選び方

脇の汗ジミを目立たせなくないのなら、トップスの下に着るインナーの選び方にもこだわる必要があります。インナーにはさまざまな種類がありますが、おすすめは汗取りパッド付きのものを選ぶこと。脇の部分に汗取りパッドが付いていて、汗をすばやく吸い取ってくれるので、トップスに汗ジミができるのを防いでくれます。見た目や着心地は普通のインナーとほとんど変わらないので、暑い日に薄着をしたい!という方でも問題なく着用することが可能です。
デザインも、Tシャツタイプからタンクトップタイプキャミソールタイプなどいろいろありますので、上に着るトップスの形状に合わせて最適なものを選びましょう。


脇の汗ジミは、事前のケアと便利アイテムの活用で対策できる

暑い夏場は服の汗ジミが気になる…という方は、事前対策として、制汗剤や汗取りシートを活用するのがおすすめです。トップスも、汗ジミが目立ちやすい明るめの色は避け、白や黒、ネイビーなど、濡れた部分が変色しにくい色を選ぶのがポイントです。最近は汗取りパッド付きのインナーも発売されていますので、汗ジミに悩まされている方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。
天気予報専門メディアtenki.jp」では、その日の天気や予想気温のほか、おすすめの服装を提案する「服装指数」も確認できます。暑い日の汗ジミ対策が気になる方は、tenki.jpの服装指数をぜひご活用ください。

脇の汗ジミ対策で行うべき3つのケアと目立ちにくい服を紹介