株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「チェーンドライブの世界市場:業界動向、市場シェア・規模・成長率・機会および予測(2021年2026年)」(IMARC Services Private Limited)の販売を8月6日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/imarc999658-chain-drives-market-global-industry-trends-share.html


市場の概要
チェーンドライブ市場は、2020年に47億1,000万米ドルの規模に達しました。チェーンドライブは、ローラチェーントランスミッションチェーンとも呼ばれ、スプロケットギアの歯に噛み合わせたチェーンリンクで構成される動力伝達機構です。特に二輪車チェーン駆動の車両・機器において、ループ状のチェーンを用いてエンジンから車輪に速度やトルクを伝達するための機器です。チェーンドライブは、小さな長さに適しており、高速度で動作します。また、過酷な温度環境下でもスムーズかつ効率的に機能すること、取り付けが容易であること、水や油、化学薬品、日光などに強いことなどが、チェーンドライブの主な利点として挙げられます。チェーンドライブは、重量物の固定や移動、ベルトコンベアの操作など、さまざまな用途で使用されています。

市場の動向及び成長要因
急速な工業化に伴う建設活動の増加が、チェーンドライブ市場を牽引する主な要因です。さらに、自動車工学分野での進歩や、革新的な設計や技術の導入もチェーンドライブの需要を押し上げています。メーカーは、資源を最大限に活用し、スムーズなオペレーションを実現するために、基本的なチェーンドライブで構成された機械ユニットを選択しています。さらに、製造業におけるタイミングチェーンドライブの需要の高まりや、効率的なチェーン潤滑製品の利用、最終用途の産業における自動化の進展などが、市場の成長を促進すると予想されます。また、ローラチェーンの開発などの製品イノベーション、逆歯ドライブチェーンの普及、低コスト原材料の入手などの要因も、市場の成長を促進すると考えられます。世界のチェーンドライブ市場は、今後5年間で緩やかな成長を示すと予想されています。

主要な市場区分
製品タイプ別の市場区分
ローラチェーン
サイレントチェーン
リーフチェーン
その他

エンドユーザー別の市場区分
産業分野
重機分野
農機具分野
その他

地域別の市場区分
アジア太平洋
アメリカ
ヨーロッパ
中近東・アフリカ
ラテンアメリカ

市場の競合状況
世界のチェーンドライブ市場における主要な企業としては、Regal Beloit、RenoldRexnord、SKF、The Timken Company、Tsubakimoto Chain Co、Brammer、John Kings Chains、Diamond Chain Company, Inc.、Kraftmek、Ramsey Products CorporationRambo Chainなどがあります。



【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/imarc999658-chain-drives-market-global-industry-trends-share.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-01029:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-maildbm@gii.co.jp
URLhttps://www.gii.co.jp

株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディンカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービスhttps://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ