『週刊プレイボーイ』が運営するグラビアコンテンツサービス『週プレ グラジャパ!』で新しく始まったサブスクリプションメニュー週プレ プラス!』。その中のコンテンツ「+コラム」で、『偏愛ガールクエスト』を配信中!

【写真】建築模型に興味津々の桜田

彼女たちが寝食を忘れて没頭する趣味、いわゆる"沼"を紹介するのが、この連載『偏愛ガールクエスト』。第六回目は「木造建築」を愛する桜田茉央

大学で建築学科に進学し、いまは2級建築士の資格取得を目指す桜田が、建築模型を間近で楽しめるミュージアムカフェ「棲家アーキテクチャカフェ」で木造建築にハマったきっかけを明かす。

* * *

――昨年、建築学科を卒業されていますが、まだ女性は男性と比べて少ない印象です。

桜田 他の理系に比べれば多いほうですけど、たしかに少ないと思います。女子大だったし、子供の頃から父と日曜大工で家具作りとかしていたので、あんまり気にしてなかったですけど。

――子供の頃からっていつぐらい?

桜田 小学生くらいからですね。おじいちゃんと一緒に暮らしてるんですけど、家の裏に自分で家を作っていたんですよ、おじいちゃんが。

――それは自らの手で、ってことですよね?

桜田 そうです、8畳くらいの建物を2棟。間にトイレがある感じで。それ以上の大きさだと基礎工事まで必要になっちゃうから、そのサイズにしたんだと思うんですけど。


――小さめとはいえ、すごいですね。

桜田 電気工事士や建築板金工の資格とかいろいろ持っているので、ホントに全部自作してました。お風呂のタブとか持ってきて設置してたり、それを見て幼いながらにすごいなって思ってました。

――今でこそログハウスのキットとか売ってますけど、そのレベルじゃない!

桜田 そうなんですよ。DIYユーチューバーとか人気ですけど、あの頃の様子を配信してたら面白かったはずです(笑)。家にもいろんな工作道具が置いてあって、学校の工作室以上に何でも揃ってました。

――環境は整ってたわけですね。

桜田 おじいちゃんがそういうのを作ってたら絶対気になるじゃないですか、子供の頃って。だから、水平をとる定規を使ってカンナで木を削ったり、子供でもできるお手伝いをさせてもらってました。

――カンナがけできる小学生なんて、そうそういないですけどね。でもストレートにいけば、建築ではなく家具職人や木工作家などの道を考えそうですけどね。

桜田 中高生時代は、部活とかもあって現場は離れてたんです。でも47都道府県全部行くくらい家族が旅行好きで。地方に行って旅館に泊まるじゃないですか。そこで、古い建物・歴史的な建物が好きになりました。


――それこそ旅館なんかは木造建てが多いですもんね。

桜田 そうなんです。そのふたつがあって、大学進学のときになんとなく建築学科にしようかと思ったんですよ。それでオープンキャンパスに行ったときに、軸組(じくぐみ)模型が展示してあって、うわぁああ! 何これ!?って惹かれて、建築学科に行こうと決めましたね。

――軸組模型ってなんですか?

桜田 木だけでできた模型って見たことあります?

――たぶんないと思います。家の模型といえば、ジオラマみたいなものしかイメージできないです。

桜田 木造建築を建てるときにその土台、基礎になってる部分に木が使われているんです。そこに筋交(すじかい)が入ってきたり、壁や屋根を付けて家が出来上がるんですけど、その最初の骨組み状態を小さくしたのが、軸組模型です。木造家屋の軸組プラモデルキットも売ってたりするんですよ(笑)

――ほぼ柱だけの状態ということですね。どこに惹かれる要素があったんですか?

桜田 それが家の全てなんですよ。礎石(そせき)とか埋められて家が成り立つものの全てが、その中で完璧な位置取りで決まっているんですよ、すごくないですか? その正確さとか細かさとか、めちゃくちゃかっこいいですよね!

もしオープンキャンパスでこの模型がなくて、論文だけしか見られなかったらたぶん、他の学部に行ってたと思います。

『偏愛ガールクエスト』第6回前編 桜田茉央より抜粋(記事の全文は『週プレ プラス!』にて、会員限定でお読みいただけます)

★『偏愛ガールクエスト
【週プレ プラス!】+コラムにて毎週火曜日配信(会員限定)
https://www.grajapa.shueisha.co.jp/plus
*『週プレ プラス!』(30日間、税込1500円)は『グラジャパ!』で加入できるグラビアに特化したサブスクリプションメニューです。

桜田茉央さくらだ・まお) 
1997年10月22日生まれ 千葉県出身 
身長158cm B85 W60 H90 
○「ミスマガジン2019」審査員特別賞。大学で建築デザインを学び、現在は二級建築士の資格を取るべく勉強中。昨年9月にフリーランスに。
公式Twitter【@sakurada_mao_02】 
公式Instagram【@sakurada_mao_02】

●棲家アーキテクチャカフェ
住所:東京都新宿区新宿3-6-7 第6三和ビル4階
電話番号:03-5315-0396
定休日:不定休
営業時間:【カフェタイム】AM10:00ー18:00 【バータイム】18:00ー4:00(L.O.3:00)
※営業時間が異なる場合があります。最新の営業時間は公式HPを必ずご確認の上、お出かけください。
URLhttps://sumika-shinjuku.com/

取材・文/鯨井隆正 撮影/五十嵐和博 取材協力/棲家アーキテクチャカフェ

建築学科を卒業している桜田