8月17日(火)放送のドラマ「劇的に沈黙」(毎週火曜夜11:30-0:00、TOKYO MX)第7話に、船越英一郎ゲスト出演することが分かった。東京・江古田の街が舞台の同作は、日本大学芸術学部(通称:日芸)をモデルとしており、日芸卒業生の船越英一郎は伝説の先輩「船越英一郎役」として登場する。

【写真を見る】伝説の先輩・船越(本人役)が柴田(辻千恵)に殴られる場面も

「劇的に沈黙」は、潰れかけの演劇サークルに所属する大学生たちによる、日常にあふれる“気まずい瞬間”から訪れる“沈黙”と人間模様を描くシチュエーションコメディー。渡辺佑太朗、竹田光稀、辻千恵、北原帆夏が演劇サークル「江古田のドラマンズ」に所属する大学生を、アキラ100%が演劇サークルを卒業してから20年くらい経つOBを演じる。

また、第7話では街の住民役として“ソニー芸人”のAMEMIYAも出演する。

今回ゲスト出演する船越だけでなく、同作監督の北畑龍一、脚本家の山崎洋平、山崎太基も日芸の卒業生。第7話はそんなメインスタッフにとっても思い出の街、江古田商店街の協力を得ての撮影となった。

なお、TOKYO MXにて地上波で放送後、「劇的に沈黙」公式YouTubeチャンネルでも随時エピソードが配信される。

■第7話あらすじ

演劇サークル「江古田のドラマンズ」、稽古場の開設記念日に創始者である伝説の先輩 船越英一郎(本人役)が現れた。船越を知らない桐嶋(北原)に焦る宏(アキラ)。

船越先輩によるサークルメンバーへの魂の授業が始まった。

ドラマ「劇的に沈黙」第7話に船越英一郎が本人役で出演する/(C)Sony Music Entertainment (Japan) Inc.