日本財団東京都港区 会長 笹川陽平)は、アスリートの人材育成を支援するため、2021年度より「日本財団A-MAP奨学金」事業を行っています。この度、8月27日(金)から第2期生の募集を開始しますのでお知らせいたします。開始に先立ち、8月17日と20日にオンライン説明会を以下の通り開催します。また、第1期生については2021年6月22日に4名が決定していますので別紙をご参照ください。

日本財団A-MAP奨学金」事業は、(一社)APOLLO PROJECT東京都千代田区 代表理事 山内貴雄氏)が提供する「A-MAP(ATHLETE-MINDSET APOLLO PROJECT)」の受講生に対し奨学金(受講料880,000円の半額440,000円)を支給し、アスリートの人材育成を通じて「スポーツの力」を可視化することを目的としています。

なお、この事業はアスリートの社会貢献活動を推進することで、スポーツでつながる多くの人の関心や行動を生み出すことを目的に、「HEROs~Sportsmanship for the future~」プロジェクトの一環として行っております。

■説明会概要
・日時:
1回目 8月17日(火)20:0021:00
2回目 8月20日(金)20:0021:00
・申し込み方法:以下のURLよりお申し込みください
https://apollo2021-6.peatix.com/
・内容:日本財団事務局による奨学金制度についての説明
選考基準は「スポーツの力」を競技だけでなく社会に還元する意思・意欲がある人物であり、以下の資質について高い水準にある者を奨学生として採用します。
(1)ビジョン:将来どのような人物になりたいか
(2)メタ認知:自身を客観視し、強み・弱みを言語化できているか
(3)リーダーシップ:目標に向かって周囲を巻き込むことができるか
(4)公益心:社会課題に関心を有し、その課題に向けて努力する意思があるか
(5)情報発信・ネットワーク:幅広い視野を持ち、奨学生として積極的に発信できるか

*なお、本奨学生への応募はA-MAP第2期生にエントリーした人に限ります。A-MAP第2期生のエントリーに関してはこちらをご参照ください
https://a-map.bbt.ac/
(エントリーする前でも説明会にはご参加いただけます。)

日本財団A-MAP第1期奨学生コメント
■浅川 隼人(あさかわ はやと)/サッカー/現役/ロアッソ熊本
学ぶ場を求めてA-MAPを受講し、その中で日本財団さんに支援して頂いたこと嬉しく思います。アスリートの価値を再定義し、価値の向上と社会に還元できる環境をつくる為にこれからも精進していきたいと思います。

■大野 均(おおの ひとし)/ラグビー/引退/東芝
サポートを受けているという責任を感じ、これまでHEROsに表彰されてきたアスリートの方々のような社会貢献活動を、自らも立ち上げるというモティベーションに変え、A-MAPでの学びをより深く身につけたいと思います。

■大西 雅継(おおにし まさつぐ)/大相撲/引退/尾車部屋中村親方
日本相撲協会、元力士 嘉風の中村です。現役アスリート、元アスリートのセカンドキャリアへの学びの場A-MAPで、これまで生きてきた人生を振り返り、それを元に今後の人生について同期と学んでいます。様々な人から様々な意見をいただき、時には自身の考えに自信を持ち、時には修正をし、頭に汗をかいています。知っているようで知らない事の方が多いと感じている自分自身の事。自分の現在地を知り、自分の地図を明確にし今後に役立てて行きたいと思っています。受講スタートから半年が経ちました。大変な時もありますが、後半年の間で自分がどれだけ成長できるのか楽しみです。

■木村 貴大(きむら たかひろ)/ラグビー/現役/サントリーサンゴリアス
私は現役スポーツ選手として自分の価値・影響力を社会に還元し、多くの人に挑戦する勇気と活力を届けたいと思っております。ラグビー選手としてグラウンドで活躍することは勿論、グラウンド外でも地域・社会に貢献しアスリートの新しいモデルケースになる活躍をします。多くの方々の応援ご支援のお陰で活動が出来ています。感謝の気持ちを持ち、これからも色んなことに挑戦し続けます。日本財団様と新しい未来を創っていくのが楽しみです。

■「A-MAP」について
本カリキュラムは、(一社)APOLLO PROJECTが提供するもので、実践・対話・内省の3つのアプローチを通じたマインセット(気づき)を重要な学びとして位置付けています。また、集合研修や講義視聴に加え、AirCampus[R](※)と呼ばれる学びのプラットフォームを通じてBBT大学に在籍する一般のビジネスパーソンと議論する機会など、他流試合による学びも提供します。加えて、専属のメンターが一人一人のキャリア相談に乗るなど、学び以外のサポート体制も充実しています。
(※)BBT独自開発による遠隔教育用ソフトウェア。PC・スマートフォンタブレット端末に対応しブロードバンド環境さえあれば世界中のどこからでも講義が受けられる。

■一般社団法人 APOLLO PROJECTについて
設立:2020年7月16日
本社:東京都中央区銀座1-22-1 銀座大竹ビジデンス2F
事業内容:アスリートに対する教育事業、アスリートに対するキャリア支援事業、アスリート・スポーツの価値を活用した国内外の社会課題解決、人材育成及び組織開発事業、新規事業開発等の法人向け各種コンサルティング事業、講演・イベント・セミナー等の企画及び運営、出版・メディア事業、社会貢献活動
アライアンス企業:株式会社ビジネスブレークスルー(教育事業のコンテンツ開発・運営委託)
代表理事:山内貴雄
専務理事:廣瀬俊朗
理事:八田茂、白崎雄吾、神田義輝、吉谷吾郎
HP:https://apollo-pjt.com/
Twitterhttps://twitter.com/AP0LL0_PR0JECT

■「HEROs~Sportsmanship for the future~」について

アスリートがスポーツマンシップを発揮できる場所は、競技場の中だけではありません。社会とつながり、社会の助けとなる活動を積極的に行うのも、またスポーツマンシップです。しかし競技場の外でのアスリートの活動が注目されることは少なく、実践しているアスリートも限られています。“HEROs Sportsmanship for the future”は、アスリートの社会貢献活動を推進することで、スポーツでつながる多くの人の関心や行動を生み出し、広げていくために、アスリートの声を集めて始まった活動です。HEROs ACADEMY / HEROs ACTION / HEROs AWARD3つのプロジェクトを通じて教育/実践/評価の機会をつくり社会とつながるスポーツマンシップを広げていく。それが、私たちの願いであり、使命です。
HP:https://sportsmanship-heros.jp/
Twitter:@HEROs_sportsman
Facebook:@nipponfoundation.heros
Instagramheros_nippon_foundation

日本財団について
日本財団は、1962 年の創立以来、国境や分野を超えて公益事業をサポートする、日本最大の社会貢献財団です。「みんなが、みんなを支える社会」を実現するため、子ども・障害・災害・海洋・国際協力などの分野に取り組んでいます。
https://www.nippon-foundation.or.jp/

配信元企業:公益財団法人 日本財団

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ