カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

アニマル
 動植物保護の取り組みは人間の目から見て美しく見える種が優先され、醜く見える種は無視されがちな傾向がある――。そんな研究結果が科学誌バイオディバーシティの2012年版に発表された。

 この研究は「新しいノアの方舟――美しく有用な種に限る」とのタイトルで、カナダの農業機関の分類学者アーニー・スモール氏が寄稿した。それによると、絶滅の恐れがある種の中でも、人間から見て美しさや強さ、可愛らしさといった好ましい特性を持つ種は、そうした特性を持たない種に比べて保護活動の対象になりやすいという。

ソースCNN.co.jp:野生生物保護は「美しい種」が優先、生態系に影響も

 例えばクジラ、トラ、ホッキョクグマなど人気のある大型生物は保護のための法律が制定され、一般からの寄付も集まりやすい。

これに対してヘビ、クモ、カエルといった生物は、生態学的には同程度の重要性を持つにもかかわらず、前者に比べて魅力が欠け、無視されることが多いという。

 こうした傾向は生態系や食物連鎖バランスに対してに重大な影響をもたらしかねないとスモール氏は言う。

「特定種の保護にばかり力を入れることは、全体としての生物多様性を守るには不十分だ」と指摘。人間から見て魅力的に見える動物の方が生態学的な重要性が高いとは限らず、こうした選択の結果、人間のイメージや好みを反映した自然が形成される可能性もあると警鐘を鳴らしている。

 この研究について世界自然保護基金(WWF)の関係者は、姿形が人間に似ている大型哺乳類の方が関心を集めやすいのは事実だとしながらも、「野生のトラの絶滅を防ぐには、広大な自然の森を保護し、また餌となる動物やその動物が餌とする植物全てを保護する必要がある」と語り、特定種の保護が他の生物を含めた生態系全体の保護につながると指摘する。

 カラパイアを見ているおともだちの場合には、むしろ爬虫類が好きだったり、昆虫ラヴだったり、深海魚こそ愛すべきものだったりする人もいるから、人間の多様化がどんどん進んできて、すべてひっくるめてバランスがとれてくるといいね。

関連記事:
おもわずギュっと抱きしめたくなる、さびしげな表情をした20枚の犬の画像(+動画)


絶滅危惧種のオキナワキノボリトカゲになぜか駆除要請?その理由は・・・


世界最強レベルの猛毒!絶滅危惧種「コブラバイパー」が発見されるも怖すぎて投石打殺(中国)

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

料理・健康・暮らしの記事をもっと見る

ヘッドライトに火炎放射器を搭載。10メートル先まで炎を飛ばす魔改造車(ロシア) - カラパイア

海外のSNSでトレンドに!喉ごしさわやかクリーミーなホイップレモネードの作り方【ネトメシ】 - カラパイア

藻を使ってビール醸造。排出される二酸化炭素を削減する取り組み - カラパイア

蛍光グリーンの誘惑。見ると綺麗だけど入ると皮膚が溶けるニュージーランドの温泉「デビルズバス」 - カラパイア

人間の目線で「美しくかわいい動物」の保護が優先されるのは生態系に悪影響を及ぼす(カナダ研究)