カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

cat-5862203_640

photo by Pixabay

 米国内のネコが毎年、最高37億羽の鳥と207億匹のネズミなどの小動物を殺しているとの研究が2013年1月29日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。

 論文によると、鳥や小動物が死ぬ人為的な要因として、生息地の喪失や農薬、狩猟などを上回り、ネコがおそらく最大の要因だという。

【1匹あたり毎年30~47羽の鳥、177~299匹の小型哺乳類を狩る】

 研究を行ったのは、米スミソニアン保全生物学研究所のスコット・ロス氏率いるチーム。研究チームはネコの捕食行為についての既存の研究を分析した。ペットとして飼われている猫や野良猫による捕食を統計としてまとめ、体系的に分析したのは今回が初めてだという。

 欧州と北米の温暖な地域では、屋外に出ることのできるネコは、1匹あたり毎年30~47羽の鳥、177~299匹の小型哺乳類を殺していることが過去の調査で分かっている。

 一方、ネコの総数について研究チームは、およそ8400万匹の飼いネコがおり、うち数百万匹は屋外に出ることができないと計算。また、野良ネコはおよそ3000万~8000万匹と見積もった。 

10

photo by Pixabay

 調査によると、猫に殺されている鳥の多くは、アラスカ州とハワイ州を除く米国48州では、コマドリやフィンチ、アメリカゴガラなどの在来種。

 また、人口の密集した都市部では、主として外来種ネズミを捕食しているが、郊外や農村部では在来種のネズミのほか、リスやウサギなどの小型哺乳類を獲物にしているという。

 合計で、屋外に自由に出られるネコは合わせて年間14億~37億羽の鳥、69億~207億匹の哺乳類を殺していると推計した。この殺害の大半は野良ネコによるものだ」と論文は結論づけている。

cat-2836940_640


猫が原因で絶滅した種は33種

 国際自然保護連合が毎年更新しているレッドリスト(絶滅のおそれのある野生生物の種のリスト)によると、島に生息するネコが原因で絶滅した種は鳥類、哺乳類爬虫類合わせて33種に上る。

 調査チームは、自由に歩き回る猫が野生生物に深刻な脅威をもたらしており、一部の鳥や小動物の絶滅の一因にもなっている証拠が山積しているにもかかわらず、猫の管理は科学的根拠よりも、感情論に基づいて形成されていると指摘。

「野放しの猫の管理に対する現在の非科学的アプローチの主な要因は、猫の捕食による(野生生物の)死亡数が、事故など人間由来の脅威に比べれば取るに足りないという理屈が背景にある」としている。

  野鳥保護団体は今回の調査結果について、猫の飼い主や地域社会への警鐘になると歓迎。同団体のスポークスマンは「われわれは可愛くてフワフワした猫は大好きだが、この捕食者が自由に行動するのをこれ以上見過ごすことはできない」と語った。

via:afpbb / reuters

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

動物・鳥類の記事をもっと見る

犯人は〇コ!従業員の毎日の掃除が遅い理由が監視カメラで明らかに。 - カラパイア

このガーデンはいったい誰得?庭の植木鉢を覗いてみたら、育っていたのは植物じゃなくて猫だった件 - カラパイア

永久凍土から完璧な状態で発見されたホラアナライオンの子供のミイラからわかったこと(シベリア) - カラパイア

最期にもう一度会わせてあげたい。妻の死の間際、夫はこっそり愛犬を病院に連れて行った - カラパイア

米国のネコ、毎年数百億の小動物を殺害、生態系に影響