メットライフ生命保険株式会社(代表執行役 会長 社長 最高経営責任者 ディルク・オステイン)は、
2021 年9 月1 日から、「ライフインベスプラス」(正式名称:三大疾病給付変額保険(有期型))を発売
します。
 本商品は、昨年11月に発売した円建ての変額保険「ライフインベスト」(正式名称:変額保険(有期型 2020))の商品性を引き継ぎながら、新たに三大疾病保障をプラスしたものです。これからの人生100年時代を見据え、長く生きるうえでは病気へのリスクが高まることから、三大疾病(悪性新生物・心疾患・脳血管疾患)で所定の支払事由に該当した場合に三大疾病保険金をお支払いすることで、より保障機能を充実させました。なお、変額保険分野において、特別勘定での運用が行われる主契約の支払事由に三大疾病(悪性新生物・心疾患・脳血管疾患)が含まれる平準払の変額保険は、業界初*となります。
無理のない保険料で、投資リスクコントロールしながら資産づくりが始められ、三大疾病にかかった時や万が一のときには、老後のための資産形成に代えてその時点の保障でお客さまご自身やご家族をお支えします。

 また、本商品の発売と同時に、現在販売中の「ライフインベスト」に付加できる三大疾病保険料払込免除特約(変額保険(有期型2020)用)を新たに発売します。この特約を付加することにより、三大疾病で所定の事由に該当した場合に以後の保険料の負担なく老後の資産形成や死亡保障を継続することができます。
さらに、「ライフインベスプラス」「ライフインベスト」において選択可能な特別勘定の種類を拡充します。特別勘定の選択肢を増やすことによりさまざまなお客さまの運用に対するご意向に沿った、より柔軟な資産づくりを可能としています。

ライフインベスプラス」「ライフインベスト」は、生命保険としての保障機能と中長期の資産形成機能をあわせ持った商品です。いずれも満期保険金額や解約返戻金額には最低保証がなく、運用実績に応じて変動する商品であるため、販売の際には本商品の特徴や、「長期投資」「積立投資(時間の分散)」「分散投資(資産種類の分散)」といったリスクコントロール方法をお客さまに適切にお伝えし、その上でご加入いただけるような態勢を取っております。また、ご契約後も定期的にご契約内容や積立金をお知らせするなどのアフターフォローをおこなうことで、お客さまのご契約を長期にわたりサポートし、お客さまに寄り添ってまいります。

* 一般社団法人生命保険協会加盟42 社の2021年6月末現在の各ホームページにおける商品情報ページまたは
特別勘定に関する情報ページによる当社調べ
以上

※商品の詳細につきましては、当社ホームページをご覧ください。
https://www.metlife.co.jp/content/dam/metlifecom/jp/corp/pdf/about/press/2021/210810.pdf

         

メットライフ生命について
メットライフ生命は日本初の外資系生命保険会社として1973 年に営業を開始し、現在は世界有数の生
命保険グループ会社、米国メットライフの日本法人として、お客さまに常に寄り添い、最適な保障を選ぶ
お手伝いをしています。多様な販売チャネルを通じて、個人・法人のお客さまに対し幅広いリスクに対応
できる、革新的な商品の提供に努めています。https://www.metlife.co.jp/
                                                                     補2107-6419
                                 

 

配信元企業:メットライフ生命保険株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ