国際オリンピック委員会IOC)が、五輪開催期間中の「広島原爆の日」である8月6日に、選手や大会関係者に黙とうを呼び掛けるなどの対応をしない決定をしたことについて、歌手のさだまさしは「個人的に少し残念だった」との私見を発表した。

 さだは8月5日、自身のインスタグラムを更新し「少し残念だったことは、IOCが五輪開会中におとずれる『ヒロシマの日』に黙祷などのセレモニーをしないと決定したことでした。(中略)五輪がきっかけで世界からこの国に集まり、その日の朝を一緒に迎える世界中の人々と『二度と起きないように』という想いを込めて一瞬でも心を重ねて祈ることができたらいいな、と思っていた」と複雑な心境を綴った。

 これに呼応する形で女優の大竹しのぶ8月6日インスタグラムで「さださんの言う通り世界中の人が来ている今だから、一緒に黙祷出来たら良かったのになあ」とさだに賛同。

 ダウンタウン松本人志8月8日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で黙とうなしに触れ「僕はこういう時だからこそ、日本がね‥‥これはやっぱり黙とうしてほしかったっていうのはありますね」と残念な思いを口にした。

ネット上では『敵味方関係なく平和を祈ることの何がだめだったんだろう』と疑問を投げかける人や『仮に黙祷をした際にアメリカはどう思うか』など意見がわかれました。ただ、核問題がそれほど世界の難題だということが露呈したのは、意味のあったことだと思います」(週刊誌記者)

 さだ氏らは純粋に、平和の祭典で平和を祈りたかったということなのだろう。

アサジョ